防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

地震保険・火災保険制度の先駆者パウル・マイエット(1846~1920 / ドイツの経済学者・統計学者)の名言 [今週の防災格言765]

time 2022/09/05

地震保険・火災保険制度の先駆者パウル・マイエット(1846~1920 / ドイツの経済学者・統計学者)の名言 [今週の防災格言765]


『 そもそも日本国が現時の隆盛と開明とを致せる所以は、主として国民の各種の大災厄を巧みに利用したるに依らずんばあらず。 』

 

パウル・マイエット(1846~1920 / ドイツの経済学者・統計学者 日本の地震保険制度の先駆者)

 

パウル・マイエットは、1876年(明治9年)に明治政府がドイツから招いた「お雇い外国人」の一人です。

彼は、日本の農民の貧困に強い関心を寄せ、農民の状況改善のために来日中に数々の提言を行います。
その一つに、財産としての家屋を補償する火災保険・地震保険の制度がありました。
マイエットは、1878年(明治11年)に論文『日本家屋保険論』を書き、日本で初めて地震保険・火災保険制度の必要性を訴えました。

1891年(明治24年)に濃尾地震(M8.0 死者7,273人)が起ると論文『災害救済論』を発表し、家屋の保険料の具体的な算出方法などを詳細に記しました。

『災害救済論』(1891年)には以下のように書かれています。

抑々(そもそも)日本国が現時の隆盛と開明とを致せる所以は、主として国民の各種の大災厄を巧みに利用したるに依らずんばあらず。

余は先ず日本国の歴史に依り、時の天皇が善美なる救済法を設けて救済したまえる古来の大災厄を掲げて、以て之を証明し、然る後に日本国政府及び人民が明治初年以来起りたる洪水、暴風、凶饉、地震等の大災厄に対し如何なる救済法を設けたるや、また如何なる方法が今後また起るべき災厄を救済するに最も有効に且つ適切なるべきや、の問題に及ぼさんとす。

願うに歴史上の災厄と時の天皇及び政府が設けたる救済法とを対照し、以て現時の災厄は未来の幸福を計らしむるの訓戒たることを論じたる者は未だ之あらざるべし。而して日本国民は本年十月二十八日(※濃尾地震)に起りたる如き彼の恐るべき震災に対し如何なる方法を設けて、以て之を永久に施さんとするや。

夫れ大災厄に遭遇せる者にして其人果して熟練の士ならんには必ずや将来に戒心して、其の方向を改め其の手段を研く等、災厄を経るごとに益熟練の士と為るべし一国民に在ても亦然りとす。而して日本国政府は則ち此の境遇を履(ふ)みたるものなり。

(マイエット著・青山大太郎訳『災害救済論(博聞社 1891年)』)

―――と。

この論文でマイエットは、地震、暴風、洪水、戦乱という過去の災害の規模や被害を調べ、統計を駆使してそれらの損害率を割り出し具体的な保険料を算定しています。

東京のみに於ける地震の回数は、一個年の平均回数五十九回なり。
故に測量器を以て観測したる時期即ち明治八年七月より同二十三年八月末に至る十五個年二個月間に東京のみに於て九百九十回即ち一個年平均六五.三回の地震起りたる割合なり。
…(中略)…
もし一大震災は毎十個年に一回起るものとせば、毎戸の負債額は年々平均僅かに二六銭二厘五毛に当るのみ。

そして、将来に再び起きるであろう災害に対する最も有効な救済策として、母国ドイツの「公営強制火災保険制度」を参考に、日本版の「家屋の国営強制保険」を提唱し、行政組織として「公立家屋保険局」の設立までも提案しました。

この提案は、当時の大蔵卿(大蔵省長官)大隈重信の目に止まります。明治政府はマイエットを大蔵省顧問に迎えて、省内に火災保険取調掛を新設、家屋保険法草案を作成しますが、政府の財政難や市民の負担増などを理由にした内務省の強い反対から廃案となりました。

その後、これらの論文が端緒となって、1888年(明治21年)に日本で最初の火災保険会社「東京火災保険会社(安田火災海上の前身)」が創業します。その後は、日清戦争(1894~1895年)の戦勝景気もあって、明治火災(1891年創業)、日本火災(1892年創業)など数多くの火災保険会社が設立されることになりました。

… … …

 

パウル・マイエット(Paul Carl Heinrich Mayet)は、1846年(弘化3年)5月11日、ベルリンの会計官の息子として生まれる。
学問を志し、1865年ローザンヌ大学に入り自然科学、心理学、国民経済学を専攻、その後ベルリン大学で2年、ライプチヒ大学で5年学ぶが、健康上の理由で断念し、1873年までパルプ工業やフランクフルトの生命保険会社に勤務した。1874年のウィーン万国博覧会で偶然にも日本のことを知り、日本について研究を始めた。法学者のフランツ・ホルツェンドルフ(1829~1889)に推薦され、日本での郵便貯金制度の導入に関する論文を駐独公使の青木周藏(1844~1914)に提出。青木はマイエットに日本の経済状況を直接知ってもらおうと献策し、明治政府の重鎮の木戸孝允(桂小五郎)にマイエットを推挙し、ちょうどポストが空いていた新設大学の語学講師として日本に招き入れることになった。
1876年(明治9年)に来日すると、当初は、東京医学校(東京大学医学部の前身)や外国語学校予備門、第一高等中学校でドイツ語やラテン語教師を2年勤め、1878年(明治11年)大蔵省入り。1879年(明治12年)より大蔵省顧問、駅逓局顧問、農商務省顧問などを歴任し、この間に、郵便貯金制度、火災保険制度、農業保険制度、備荒儲蓄法(今でいう災害救助法)、統計院や会計検査院の設置など、日本の財政や保険制度、農業政策、北海道開拓論といった広範囲にわたる政策提言をマイエットは行った。
日本に来てからは精力的な著述を行い、1889年(明治22年)論文『農業保険論』でテュービンゲン大学の政治学博士号を取得、翌年教授資格を得た。1891年(明治24年)慶應義塾大学理財科で統計学を担当し、1893年(明治26年)に帰国。
帰国後はドイツの帝国統計局助手となり健康保険統計の担当となった。またドイツ政府の顧問として母性保護の導入に尽力、ベルリンの「社会医学・衛生学・医学統計学会」を設立(1905年)させ初代会長を歴任した。1920年(大正9年)1月20日、73歳で死去。
主な著書に『日本家屋保険論』(1878年)、『日本公債弁』(1880年)、『農業保険論』(1890年)、『日本農民ノ疲弊及其救治策』(1893年)。
数々の功績により1905年(明治38年)勲三等旭日中綬章を受章。


Paul Carl Heinrich Mayet







■「明治維新」「幕末」に関連する防災格言内の記事
佐藤一斉(1772~1859 / 江戸時代後期の陽明学者(朱子学)・江戸昌平坂学問所総長)(2011.05.16 防災格言)
マシュー・ペリー提督(1794~1858 / アメリカ海軍軍人 東インド艦隊司令長官)(2013.01.07 防災格言)
徳川斉昭(1800~1860 / 幕末の大名・常陸水戸藩主(第9代))(2015.08.17 防災格言)
伊藤圭介(1803~1901 / 幕末明治期の博物学者・医師 日本初の理学博士 東京大学名誉教授 男爵)(2021.06.28 防災格言)
チャールズ・ダーウィン(1809~1882 / イギリスの自然科学者 「進化論」で著名)(2014.04.21 防災格言)
鈴木重胤(1812~1863 / 幕末の国学者 尊皇派により暗殺された)(2015.11.30 防災格言)
真木和泉(1813~1864 / 幕末期の尊皇攘夷派の志士 天王山で自害)(2012.11.05 防災格言)
鍋島直正(1815~1871 / 幕末の大名・肥前国佐賀藩主(第10代) 大納言)(2019.12.09 防災格言)
ハインリッヒ・シュリーマン(1822~1890 / ドイツの考古学者・実業家)(2016.11.21 防災格言)
勝海舟[1](1823~1899 / 江戸・明治の政治家 従五位下・安房守 日本海軍の生みの親 伯爵)(2012.12.03 防災格言)
勝海舟[2](1823~1899 / 江戸・明治の政治家 従五位下・安房守 日本海軍の生みの親 伯爵)(2022.08.29 防災格言)
佐野常民(1823~1902 / 佐賀藩士・政治家 初代日本赤十字社社長 伯爵)(2013.02.11 防災格言)
山内容堂(1827~1872 / 幕末の大名 土佐藩15代藩主 従二位・権中納言)(2010.05.10 防災格言)
釈雲照(1827~1909 / 幕末明治期の真言宗僧侶 戒律主義「十善会」発足)(2012.02.13 防災格言)
津田真道(1829~1903 / 津山藩士 幕末・明治初期の法学者・啓蒙思想家・官僚 開成所(後の東京大学)教授)(2015.08.03 防災格言)
川路利良(1834~1879 / 薩摩藩士 初代大警視(現警視総監)「近代警察の父」)(2013.11.04 防災格言)
渡辺南隠(1834~1904 / 幕末明治期の臨済宗僧侶 禅僧として白山道場を開単 広瀬淡窓門下)(2010.08.16 防災格言)
福沢諭吉(1835~1901 / 啓蒙思想家 慶應義塾創設者 「脱亜論」を提唱)(2010.09.20 防災格言)
五代友厚(1835~1885 / 幕末明治期の薩摩藩士・実業家 大阪経済界の功労者)(2021.04.05 防災格言)
坂本龍馬(1836~1867 / 幕末の尊皇派の志士 土佐藩郷士)(2015.10.19 防災格言)
山岡鉄舟(1836~1888 / 幕末明治期の政治家 一刀正伝無刀流開祖 明治天皇の侍従)(2010.08.09 防災格言)
大倉喜八郎(1837~1928 / 実業家 大倉財閥の設立者 従三位男爵)(2020.08.03 防災格言)
安田善次郎(1838~1921 / 実業家 安田財閥の創設者)(2011.01.03 防災格言)
大隈重信(1838~1922 / 佐賀藩士・内閣総理大臣(第8,17代)早稲田大学創立者 侯爵)(2010.09.27 防災格言)
渋沢栄一[1] (1840~1931 / 幕臣・日本資本主義の父)(2013.03.18 防災格言)
渋沢栄一[2](1840~1931 / 幕臣 官僚・実業家・教育者 日本資本主義の父)(2019.07.15 防災格言)
井上省三(1845~1886 / 旧長州藩士の実業家・技術者 「日本毛織物工業の父」)(2022.05.30 防災格言)
橋本綱常(1845~1909 / 医師 陸軍軍医総監 東京大学医科大学教授 子爵 橋本左内の実弟)(2014.05.12 防災格言)
三浦梧楼(1847~1926 / 武士・政治家 陸軍中将 子爵 号は観樹)(2015.12.21 防災格言)
益田孝 (1848~1938 / 幕府軍騎兵隊長・三井物産創設者)(2015.05.25 防災格言)
乃木希典(1849~1912 / 武士・長府藩士 陸軍大将 学習院院長(第10代))(2021.05.03 防災格言)
稲垣示(1849~1902 / 明治の政治家・衆議院議員 自由民権家)(2019.04.01 防災格言)
パウル・マイエット(1846~1920 / ドイツの経済学者・統計学者 日本の地震保険制度の先駆者)(2022.09.05 防災格言)
バジル・ホール・チェンバレン(1850~1935 / イギリスの日本語学者 外国人初の東京大学名誉教授)(2015.06.15 防災格言)
小泉八雲 (ラフカディオ・ハーン)(1850~1904 / ギリシャ出身の作家・教育者・ジャーナリスト)(2015.10.26 防災格言)
矢野龍渓(1851~1931 / 佐伯藩士 新聞経営者・小説家・政治家 代表作『経国美談』)(2022.05.09 防災格言)
金子堅太郎(1853~1942 / 官僚・政治家 司法大臣・農商務大臣・枢密顧問官)(2022.08.22 防災格言)
山下重民(1857~1942 / 明治の風俗史研究家 風俗画報の編集長)(2008.09.22 防災格言)
新渡戸稲造(1862~1933 / 農学者・教育者・法学者 東京女子大初代学長)(2012.11.12 防災格言)
中島湘煙(1863~1901 / 女性解放運動家 作家 フェリス女学院名誉教授 海援隊隊士・中島信行の妻)(2011.07.25 防災格言)
宮武外骨(1867~1955 / 明治・大正期のジャーナリスト・著述家・文化史家)(2015.08.31 防災格言)
ポール・クローデル(1868~1955 / フランスの劇作家 詩人 外交官)(2012.12.17 防災格言)
キャサリン・サンソム(1883~1981 / イギリス外交官J・サンソム夫人)(2013.01.07 防災格言)

■「ドイツ人」に関連する防災格言内の主な記事
ヴェルナー・ロレヴィンク(1425~1502 / ドイツの修道士(カルトジオ会)・神学者)(2020.08.10 防災格言)
ゲーテ(1749~1832 / ドイツの文豪・自然科学者・法律家)(2013.11.18 防災格言)
ルートビッヒ・ヴァン・ベートーベン(1770~1827 / ドイツの大作曲家)(2013.09.09 防災格言)
カール・フォン・クラウゼヴィッツ(1780~1831 / プロイセン王国の軍人・軍学者 『戦争論』著者)(2022.03.14 防災格言)
ハインリッヒ・シュリーマン(1822~1890 / ドイツの考古学者・実業家)(2016.11.21 防災格言)
アーノルド・ニーベルディング(1838~1912 / ドイツの法学者 政治家)(2020.09.14 防災格言)
パウル・マイエット(1846~1920 / ドイツの経済学者・統計学者 日本の地震保険制度の先駆者)(2022.09.05 防災格言)
ルドヴィコ・ザメンホフ(1859~1917 / 眼科医・言語学者 エスペラント言語の創案者)(2021.01.25 防災格言)
ロバート・ボッシュ(1861~1942 / ドイツの実業家 自動車部品メーカー・ロバート・ボッシュの創立者)(2011.12.12 防災格言)
アルフレッド・ウェゲナー(1880~1930 / ドイツの気象学者・地球物理学者 「大陸移動説(1912年)」を提唱)(2021.10.25 防災格言)
クルト・ワルトハイム(1918~2007 / オーストリア大統領 国際連合事務総長(第4代))(2019.11.04 防災格言)
アルノ・ボルスト(1925~2007 / ドイツの歴史家・中世史家 コンスタンツ大学教授)(2020.07.27 防災格言)
ギュンター・グラス(1927~2015 / ドイツのノーベル賞作家)(2015.04.20 防災格言)
ヘルムート・トリブッチ(1943~ / ドイツの自然科学者「動物は地震を予知する」の著者)(2011.10.24 防災格言)
ウルリッヒ・ベック(1944~2015 / ドイツの社会学者 「リスク社会」を提唱)(2018.10.29 防災格言)
ドナルド・ディングウェル(1958~ / ドイツの火山学者)(2011.02.07 防災格言)
スイス連邦政府「民間防衛(1969年)」より[1](2009.05.11 防災格言)
スイス連邦政府「民間防衛(1969年)」より[2](2017.01.09 防災格言)
スイスのパンはとっても不味い(2002.12.16 編集長コラム)

 

著者:平井敬也(週刊防災格言編集主幹)

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,備蓄,防災グッズ,非常食
みんなの防災対策を教えてアンケート募集中 非常食・防災グッズ 防災のセレクトショップ SEI SHOP セイショップ
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ

人気記事