防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

本間博彰が読売新聞コラム『論点』に記した格言(児童精神科医)[今週の防災格言356]

time 2014/10/06

本間博彰が読売新聞コラム『論点』に記した格言(児童精神科医)[今週の防災格言356]


『 子どもは危機にある時、
“強い人” と思っていた大人が
落胆や混乱をあらわにすれば、
それを見てがくぜんとして傷つく。
大人は子どもの前で、
できるだけ良い状態で
いるようにしたい。 』

本間博彰(1950〜 / 児童精神科医・医学博士 宮城県子ども総合センター所長)

格言は読売新聞(2014年9月25日朝刊)「論点」より。

曰く―――。

《 心のケアで大事にしたいことの一つは、人とのつながりだ。
子どもにとって家族や教師ら身近な人とのつながりは、安心感のもととなる「愛着」を意味する。
親や教師が改めて子どもに関心を向け、その時々の心を推し量ることに少し時間を充てることが大切だ。

もう一つは、子どもが大人に大きな関心を向けていると再認識すること。
子どもは危機にある時、「強い人」と思っていた大人が落胆や混乱をあらわにすれば、それを見てがくぜんとして傷つく。大人は子どもの前で、できるだけ良い状態でいるようにしたい。 》

本間博彰(ほんま ひろあき)氏は、災害の最前線で子供の心のケアに取り組む精神科医療のスペシャリストの一人。医学博士。1950(昭和25)年静岡県生まれ。静岡県立静岡高等学校を卒業後、弘前大学医学部を経て、同大学院医学研究科を修了。青森県内の精神科病院や大学病院精神科で10年にわたり臨床に携わり、1988(昭和63)年より宮城県中央児童相談所医師として児童福祉と児童精神科医療に従事。2001(平成13)年からは、新設された「宮城県子ども総合センター」の専門医として乳幼児などの心のケアに従事し、技術副参事、次長を経て、現在は同センター所長に就任。
学校保健の分野では、文部科学省学校健康教育課の子供の心のケア関連の協力者会議委員や児童虐待対応の手引書作成委員長などを歴任。また、厚生労働省の厚生科学研究主任研究者を5年間つとめ、特に親の精神病理とその治療の研究を行うなどの活躍をされた。
主な著書に「乳幼児と親のメンタルへルス」(明石書店)、「自閉症の療育カルテ、生涯にわたる切れ目のない支援を実現する」(明石書店)、「子どもの心の診療シリーズ5:子ども虐待と関連する精神障害」(中山書店)など。

震災で親を失った子が、阪神淡路震災の3倍以上となる2,000人を超えた東日本大震災から3年半を経てもなお、心のケアを必要とする子供たちがいる。余震や生活の不安感が余波となり、慢性的なストレスにさらされたり、また子供の心の問題は大人より把握しにくいため、十分なケアがされず見過ごされている場合も少なくない。そのため、心がすさんだり、心理的発達が遅れたりするケースも見られるという。宮城県では、宮城県子ども総合センターが中心となり、本間所長のもと「心のケア推進班」を新たに設置、東日本大震災により精神面に影響を受けた子供全般の支援に関わり、被災地の学校と共同して子供のケアに取り組まれている。

■「本間博彰」に関連する防災格言内の記事
藤本義一(放送作家・阪神淡路震災の心のケアハウス支援者)(2011.01.17 防災格言)
田村康二(山梨大学医学部名誉教授)(2012.10.22 防災格言)
高木慶子(聖トマス大学教授)(2009.06.15 防災格言)
草地賢一(牧師・国際ボランティア学会創設者)(2011.08.29 防災格言)
林春男(災害心理学者・京都大学防災研究所教授)(2008.09.15 防災格言)

■「医者」に関連する防災格言内の記事
日野原重明 (医師 聖路加国際病院理事長・名誉院長)(2017.07.24 防災格言)
本間博彰 (児童精神科医・宮城県子ども総合センター所長)(2014.10.06 防災格言)
西村明儒 (医師 徳島大学教授)(2009.12.21 防災格言)
田村康二(医師 山梨大学医学部名誉教授)(2012.10.22 防災格言)
橋爪誠 (医師 九州大学大学院医学研究院 災害・救急医学教授)(2011.06.13 防災格言)
川崎富作 (小児科医)(2009.01.05 防災格言)
北里柴三郎(細菌学者 医学者)(2008.12.15 防災格言)
二木謙三 (内科医・細菌学者)(2016.11.14 防災格言)
浅田一 (法医学者 東京医専教授 長崎医大教授)(2011.10.03 防災格言)
片山国嘉 (法医学者 東京大学教授)(2015.11.16 防災格言)
三宅秀 (医学者・貴族院議員 東京大学名誉教授)(2016.06.20 防災格言)
関東大震災時のアメリカ合衆国赤十字社防災標語(2008.05.19 防災格言)
アンリ・デュナン (国際赤十字創設者)(2011.5.2 防災格言)
佐野常民 (日本赤十字創設者)(2013.02.11 防災格言)
橋本綱常 (医師・陸軍軍医総監 橋本左内の実弟)(2014.05.12 防災格言)
橘南谿 (江戸時代の医師 朝廷医官)(2011.07.04 防災格言)
常盤潭北(江戸時代中期の俳人 医者・教育者)(2017.07.03 防災格言)
柳瀬実次郎(小児科医 大阪回生病院長 大阪こども研究会発起人)(2014.09.08 防災格言)
後藤新平 (医師 政治家)(2010.4.26 防災格言)
森鴎外 (作家・医者 医学博士)(2014.11.03 防災格言)
手塚治虫 (漫画家 医学博士)(2013.09.30 防災格言)

 

<防災格言編集主幹 平井 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,危機管理
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ