防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

安倍北夫が書籍『迫る東海地震 続・裸の都市』に書き記した格言(社会心理学者)[今週の防災格言425]

time 2016/02/08

安倍北夫が書籍『迫る東海地震 続・裸の都市』に書き記した格言(社会心理学者)[今週の防災格言425]


『 あと十分たてば必ず救助にくるとわかれば、
火や煙の中でも人間はなんとか耐えられる。
逆にどうなるかわからない時、人間はもろいものだ。 』

安倍北夫(1922〜2013 / 社会心理学者 東京外国語大学名誉教授)

格言は「迫る東海地震 続・裸の都市(神奈川新聞社 1979年)」より。

安倍北夫(あべ きたお)は、地震や火災など災害時の群集心理や人間行動の研究で知られ、「災害心理学」という分野を提唱した社会心理学者。

青森県生まれ。1946(昭和21)年、東京帝国大学文学部心理学科を卒業後、青山学院女子専門学校家政科の心理学講師を経て、1951(昭和26)年より東京外国語大学に助教授として赴任。1964(昭和39)年教授、1984(昭和59)年定年退官され東京外国語大学名誉教授となる。1984(昭和59)年、早稲田大学文学部客員教授。同年、学校法人聖学院顧問に就任、1988(昭和63)年に聖学院大学政治経済学部政治経済学科教授。1994(平成6)年から1999(平成11)年まで学校法人聖学院理事・大学学長、大学院長を務めた。
国内外の大火や地震災害の現地調査を精力的に行うなど、特に災害心理学の方面で社会的にも活躍され、科学技術庁原子力発電所周辺防災専門委員、原子力安全技術センター緊急時対策総合支援システム調査委員会委員、文部省学術国際局学術審議会専門委員などを歴任。1998(平成10)年、勲三等旭日中綬章受章。2013(平成25)年8月6日、91歳で死去。
主な著書に『パニックの心理―群集の恐怖と狂気』『災害心理学序説―生と死をわけるもの』『入門群集心理学』など多数。

■「安倍北夫」に関連する防災格言内の主な記事
「ひなんするときは、押すな・走るな・声出すな」学研まんが「地震のひみつ」より(2015.04.27 防災格言)
力武常次 (物理学者)(2011.10.24 防災格言)
作家 小松左京(2011.08.01 防災格言)
元NHK解説委員 小田貞夫(2009.08.17 防災格言)
都市防災専門家 村上処直(2009.12.07 防災格言)
都市社会学者 磯村英一(2014.05.05 防災格言)
元NHK解説委員 伊藤和明(2009.7.20 防災格言)
林春男 (防災心理学者)(2008.09.15 防災格言)

 

<防災格言編集主幹 平井 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,危機管理
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ