防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

田村康二が新潟地震(1964)と新潟県中越地震(2004)の体験で述べた名言(医師 山梨大学医学部名誉教授)[今週の防災格言254]

time 2012/10/22

田村康二が新潟地震(1964)と新潟県中越地震(2004)の体験で述べた名言(医師 山梨大学医学部名誉教授)[今週の防災格言254]

『 明日に向かうために まず睡眠 』

 

田村康二(1935~ / 医師・医学博士 山梨大学医学部名誉教授)

 

田村康二(たむらこうじ)氏は、新潟県生れの医師。専門は内科学・循環器病学・老人病学。新潟大学医学部卒業。同大学院修了。新潟大学医学部第一内科助教授を経て、1981(昭和56)年より山梨医科大学(現・山梨大学医学部)教授に就任。2001(平成13)年に退官し名誉教授。現在、新潟県長岡市の医療法人立川メディカルセンター顧問。生体リズムを病気の予防・治療に生かす「時間医学」の第一人者としても知られ「おもいっきりテレビ」などでも活躍された。

格言は、新潟地震(1964年)、新潟県中越地震(2004年)に遭遇した自らの体験をもとにした著書『「震度7」を生き抜く―被災地医師が得た教訓(祥伝社新書 2005年)』から、地震時のストレスやPTSDについての解説した章「生涯引きずっていくストレスからのサバイバル」より。

曰く―――。

不眠、無気力感、不安や怒り・・・いらいらして落ち着きがなくなる、誰とも話したくなくなる、体調が優れない、などの訴えをする人が増えている。 <中略> 最初の地震の怖さが少し和らぐのもつかの間、いつまた来るかもしれない余震におびえながら、地震の被害の大きさ、震災後の生活の不安定さ、将来の見通しの暗さなどが、心に重くのしかかってくる。それで精神的に不安定な状態になるのである。だから、心のケアがなにより重要になってくる。(P.154)

地震直後には、体験をながながと語り合えるが、その時期が過ぎると、人と話したり、聞いたりする余裕が失われる。辛いのはお互い様で、心の持ち方だと言われてしまう。だから、愚痴をこぼせなくなる。そして、生活水準の低下を免れない自分への嫌悪感を感じるようになる。被災者自身は、なにも悪いことをしていないのに、外部から冷たい眼差しが注がれているように感じ出す。「あなたは、まだ恵まれているほうだ」と言われるのが辛いし、生活をなんとか立て直そうとしつつも、なかなかうまくいかないことでストレスを強く感じてしまう。だから、PTSDでは、たえず苦しい思いが現実や夢の中に現われる。 <中略> 一般に、PTSDの治療には熟練した医師が必要である。悪夢のために朝まで眠れず憂うつになり、家庭生活や社会生活に著しい支障を来すようならば、睡眠薬などを使って睡眠を確保することが必要となる。これは、医師でなければ処方できない。(P.183-184)






■「医者」「医学者」に関連する防災格言内の記事
ガレノス(AD129頃~AD216頃 / 古代ローマ帝国の医者・哲学者)(2020.02.24 防災格言)
秦宗巴(1550~1607 / 江戸初期の医者 豊臣秀次、徳川家康侍医)(2019.08.05 防災格言)
常盤潭北(1677~1744 / 江戸時代中期の俳人 医者・教育者)(2017.07.03 防災格言)
吉益東洞(1702~1773 / 江戸時代の漢方医 日本近代医学中興の祖)(2020.05.11 防災格言)
橘南谿(1753~1805 / 江戸時代の医師 朝廷医官)(2011.07.04 防災格言)
伊藤圭介(1803~1901 / 幕末明治期の博物学者・医師 日本初の理学博士 東京大学名誉教授 男爵)(2021.06.28 防災格言)
佐野常民(1823~1902 / 日本赤十字創設者)(2013.02.11 防災格言)
アンリ・デュナン(1828~1910 / 国際赤十字創設者)(2011.5.2 防災格言)
橋本綱常(1845~1909 / 医師・陸軍軍医総監 橋本左内の実弟)(2014.05.12 防災格言)
三宅秀(1848~1938 / 医学者・貴族院議員 東京大学名誉教授)(2016.06.20 防災格言)
北里柴三郎(1853~1931 / 細菌学者 医学者)(2008.12.15 防災格言)
片山国嘉(1855~1931 / 法医学者 東京大学教授)(2015.11.16 防災格言)
後藤新平(1857~1929 / 医師・政治家 関東大震災後の内務大臣兼帝都復興院総裁)(2010.4.26 防災格言)
森鴎外(1862~1922 / 作家・医者 医学博士)(2014.11.03 防災格言)
ウイリアム・ハスラー(1868~1931 / 医学者 サンフランシスコ市保健委員会委員長)(2020.06.22 防災格言)
ウォルター・B・キャノン(1871~1945 / アメリカの生理学者・医学博士 ハーバード大学医学部教授)(2020.03.30 防災格言)
二木謙三(1873~1966 / 内科医・細菌学者)(2016.11.14 防災格言)
柳瀬実次郎(1875~1923 / 小児科医 大阪回生病院長 大阪こども研究会発起人)(2014.09.08 防災格言)
松下禎二[1](1875~1932 / 医学者 京大教授 政治家・衆議院議員)(2020.08.17 防災格言)
松下禎二[2](1875~1932 / 医学者 京大教授 政治家・衆議院議員)(2020.10.26 防災格言)
原栄(蒲生紫川)(1879~1942 / 医師・医学博士 夏目漱石門下の俳人 結核のサナトリウム療法を日本に紹介)(2021.06.14 防災格言)
小泉 丹(1882~1952 / 生物学者・寄生虫学者 東京帝国大学教授 慶應義塾大学医学部教授)(2022.04.18 防災格言)
石原 修(1885~1947 / 衛生学者・医学博士 日本産業医学の先駆者 大阪帝国大学教授)(2021.02.15 防災格言)
額田晋(1886~1964 / 医師・医学者 東邦大学と額田医学生物学研究所の創立者)(2020.11.09 防災格言)
浅田一(1887~1952 / 法医学者 東京医専教授 長崎医大教授)(2011.10.03 防災格言)
エイブラム・カーディナー(1891~1981 / 心的外傷後ストレス障害(PTSD)を定義した米国の精神科医)(2019.01.21 防災格言)
マクファーレン・バーネット(1899~1985 / オーストラリアの免疫学者 ノーベル生理学・医学賞)(2020.02.03 防災格言)
日野原重明(1911~2017 / 医師 聖路加国際病院理事長・名誉院長)(2017.07.24防災格言)
ジョナス・ソーク(1914~1995 / アメリカ合衆国の医学者 「ポリオワクチン」発明者)(2021.04.26 防災格言)
関東大震災時(1923年)のアメリカ合衆国赤十字社防災標語(2008.05.19 防災格言)
日沼頼夫(1925~2015 / ウイルス学者 京都大学名誉教授 塩野義製薬副社長)(2020.01.27 防災格言)
川崎富作(1925~2020 / 小児科医 川崎病を発見)(2009.01.05 防災格言)
手塚治虫[1] (1928~1989 / 漫画家・医学博士 代表作「ブラック・ジャック」)(2013.09.30 防災格言)
手塚治虫[2](1928~1989 / 漫画家・医学博士 漫画の神様)(2020.10.05 防災格言)
中井久夫(1934~ / 精神科医 神戸大学名誉教授 文化功労者)(2020.03.09 防災格言)
田村康二(1935~ / 医師 山梨大学医学部名誉教授)(2012.10.22防災格言)
竹田美文(1935~ / 医学者 国立感染症研究所長)(2009.05.04 防災格言)
アンソニー・S・ファウチ(1940~ / 医師 アメリカ国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)所長)(2022.08.01 防災格言)
ラリー・ブリリアント(1944~ / アメリカ合衆国の免疫学者・医者・慈善活動家)(2020.05.25 防災格言)
岡部信彦(1946~ / 小児科医 国立感染症研究所感染症情報センター長)(2009.02.23 防災格言)
マーガレット・チャン(1947~ / 第7代WHO事務局長)(2009.05.01 編集長コラム)
尾身茂(1949~ / 医師 名誉WHO西太平洋地域事務局長 自治医科大学名誉教授)(2020.03.02 防災格言)
本間博彰(1950~ / 児童精神科医 元宮城県子ども総合センター所長)(2014.10.06防災格言)
橋爪誠(1953~ / 医師 九州大学大学院医学研究院 災害・救急医学教授)(2011.06.13 防災格言)
西村秀一(1955~ / ウイルス学者・医師 仙台医療センターウイルスセンター長)(2020.06.01 防災格言)
ジュリー・ガーバーディング(1955~ / アメリカ疾病予防管理センター(CDC)長官)(2009.04.27 防災格言)
ジュリー・ホール(アメリカの医者 WHO中国伝染病担当)(2009.02.02 防災格言)
西村明儒(1961~ / 医師 徳島大学教授)(2009.12.21防災格言)
クリストファー・J・L・マレー(1962~ / アメリカの公衆衛生学者・医師・経済学者 ワシントン大学教授)(2020.12.28 防災格言)
テドロス・アダノム(1965~ / 第8代WHO事務局長)(2020.03.16 防災格言)
李文亮(1986~2020 / 中国・武漢市中心医院の眼科医 新型肺炎で最初に警告を発した医師)(2020.02.17 防災格言)
CDC(アメリカ疾病予防管理センター)感染対策ガイドライン(2007年頃)(2013.12.30 防災格言)
厚生労働省 2007(平成19)年 インフルエンザ総合対策標語(2009.10.26 防災格言)

 

著者:平井敬也(週刊防災格言編集主幹)

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,備蓄,防災グッズ,非常食
みんなの防災対策を教えてアンケート募集中 非常食・防災グッズ 防災のセレクトショップ SEI SHOP セイショップ

メルマガを読む

メルマガ登録バナー
メールアドレス(PC用のみ)
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ

人気記事