防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

イレーナ・シンガー(アメリカの心理療法士)の著書「災害で傷ついたあなたへ~自分のこころをケアする方法」の被災疲れの対処についての名言 [今週の防災格言644]

time 2020/04/27

イレーナ・シンガー(アメリカの心理療法士)の著書「災害で傷ついたあなたへ~自分のこころをケアする方法」の被災疲れの対処についての名言 [今週の防災格言644]

『 心のあり方はエネルギーレベルに対応する。 』

イレーナ・シンガー(1944?~2009 / アメリカの心理療法士)

格言は著書(翻訳・栗原泉)『災害で傷ついたあなたへ~自分のこころをケアする方法』(阪急コミュニケーションズ 2012年)の第四章「被災疲れ」より。(原題:Emotional Recovery After Natural Disasters: How to Get Back to Normal Life by Ilana Singer (Idyll Arbor,Inc. December 17, 2000))

曰く―――。

《 心のあり方はエネルギーレベルに対応する。エネルギーに満ちていれば、気分がよく、頭のなかでは肯定的な声が響くだろう。反対にエネルギーレベルが低ければ、元気がなく、否定的な声が聞こえてくる。次の四点を心にとめてほしい。

一、否定的な心の持ち方は身体の摩耗につながる。
二、トラウマを負うと、否定的な感情に耳を傾けがちになる。
三、苛立ちは身体のエネルギーを枯渇させ、人を疲労させる。
四、重要なのは起きたことではなく、それをどう受け止めるかである。

のんびり構えることを意識的に心がけよう。決まった日常のスケジュールをこなせば、トラウマを負った心の要求をいくらかでも和らげることができるだろう。
自分の状況をよく理解することが大切だ。あなたは家の建て直しや引っ越しなどで長い間苦労をし、たいへんな犠牲をはらった。だが、被災者はたいてい自分が疲れていることにはなかなか気づかない。絶え間のない苛立ちや苦労が重なれば、エネルギーが奪われるのは当然だと知ってほしい。あなたのエネルギーが低下しているのは精神的苦労がたまっているからで、それは正常なストレス症状であり、この試練を乗り越える機会をひとたび掴めば消えてなくなるものだ。 》

イレーナ・シンガー(Ilana Girard Singer)教授は心理療法士として1972年来34年間にわたって自然災害などでトラウマを負った人たちのメンタルヘルス治療に従事した人物。

カリフォルニア大学バークレー校およびカリフォルニア州立大学ヘイワード校を卒業。その後、アメリカ合衆国カリフォルニア州オークランドにある精神的トラウマをはじめとするあらゆるメンタルヘルスの問題を扱う医療外のメンタルヘルスクリニック「反対条件づけ療法センター(Center for Counter-Conditioning Therapy)」の共同運営者となる。人間行動学の研究をもとにしたメンタルヘルスの効率的な治療法「C-Cセラピー(C-C Therapy)」を提唱し、1985年に女性部門を設立。C-Cセラピー教授、心理療法士、臨床民族学者(Clinical Ethnologist)として、患者たちの精神的な混乱に対処し克服する方法を教えている。特に、サンフランシスコ湾岸の住家3,000棟が全焼し25名が亡くなった1991年10月のオークランド大火事の被災者らのメンタルヘルスおよび生活再建支援で活躍。イーストベイ・ジャーナル誌で3年間「セラピスト・コラム」を執筆。著書に、様々な自然災害に見舞われてトラウマを負った多くの人達のケーススタディーをもとに、子供や高齢者など年齢別のアドバイスとともに自分で「心の傷」を癒すための心理療法を解説した『災害で傷ついたあなたへ~自分のこころをケアする方法』など。
2009年2月2日、カリフォルニア州ピエモンテにて死去。64歳。


■「心のケア」に関連する防災格言内の記事
イレーナ・シンガー(アメリカの心理療法士)(2020.04.27 防災格言)
エイブラム・カーディナー(心的外傷後ストレス障害(PTSD)を定義した米国の精神科医)(2019.01.21 防災格言)
厚労省「避難所等における不眠対策に関するリーフレット(2016年)」より(2018.10.01 防災格言)
「眠たいは大事のことぞ」(『平家物語』より)(2013.01.16 店長コラム)
本間博彰 (児童精神科医・宮城県子ども総合センター所長)(2014.10.06 防災格言)
田村康二(山梨大学医学部名誉教授)(2012.10.22 防災格言)
手塚治虫 (漫画家 医学博士)(2013.09.30 防災格言)
川崎富作 (小児科医)(2009.01.05 防災格言)
柳瀬実次郎(小児科医 大阪回生病院長 大阪こども研究会発起人)(2014.09.08 防災格言)
村岡花子(児童文学者)(2014.04.28 防災格言)
鈴木三重吉(児童文学者)(2011.02.21 防災格言)
石原純 (作家 理論物理学者 ジャーナリスト)(2012.03.19 防災格言)
南海トラフ巨大地震対策検討ワーキンググループ報告書(2013年5月)(2013.06.24 防災格言)
国土交通省東北地方整備局「災害初動期指揮心得(2013年3月)」(2015.03.09 防災格言)
日野原重明 (医師 聖路加国際病院理事長・名誉院長)(2017.07.24 防災格言)
賀川豊彦(キリスト教社会運動家)(2014.10.20 防災格言)
ロバート・ベーデンパウエル(スカウト運動提唱者)(2008.05.26 防災格言)
アンリ・デュナン (国際赤十字社創設者)(2011.05.02 防災格言)
藤本義一(放送作家・阪神淡路震災の心のケアハウス支援者)(2011.01.17 防災格言)
高木慶子(聖トマス大学教授)(2009.06.15 防災格言)
草地賢一(牧師・国際ボランティア学会創設者)(2011.08.29 防災格言)
林春男(災害心理学者・京都大学防災研究所教授)(2008.09.15 防災格言)
安倍北夫(災害心理学者)(2016.02.08 防災格言)
河合隼雄 (心理学者・臨床心理学 京都大学名誉教授)(2012.07.30 防災格言)
丸茂湛祥 (僧侶・画家・宗教心理学者 日蓮宗本蔵寺住職)(2013.08.05 防災格言)
廣井脩 (社会学者・防災情報学・社会心理学 東京大学教授)(2009.09.28 防災格言)
バラス・フレデリック・スキナー (米国の心理学者・行動分析学)(2016.02.29 防災格言)
野上俊夫 (心理学者 京都帝国大学名誉教授)(2017.08.07 防災格言)
橋爪誠 (医師 九州大学大学院医学研究院 災害・救急医学教授)(2011.06.13 防災格言)
五木寛之(1932~ / 小説家・随筆家・作詞家・作曲家)(2020.01.13 防災格言)
中井久夫(1934~ / 精神科医 神戸大学名誉教授 文化功労者)(2020.03.09 防災格言)

■「心理学者」に関連する防災格言内の記事
河合隼雄 (心理学者・臨床心理学 京都大学名誉教授)(2012.07.30 防災格言)
安倍北夫 (心理学者・社会心理学・災害心理学 東京外国語大学名誉教授)(2016.02.08 防災格言)
林春男 (心理学者・防災心理学 京都大学防災研究所教授 地域安全学会会長)(2008.09.15 防災格言)
丸茂湛祥 (僧侶・画家・宗教心理学者 日蓮宗本蔵寺住職)(2013.08.05 防災格言)
廣井脩 (社会学者・防災情報学・社会心理学 東京大学教授)(2009.09.28 防災格言)
バラス・フレデリック・スキナー (米国の心理学者・行動分析学)(2016.02.29 防災格言)
野上俊夫 (心理学者 京都帝国大学名誉教授)(2017.08.07 防災格言)
イレーナ・シンガー(アメリカの心理療法士)(2020.04.27 防災格言)

 

<防災格言編集主幹 平井 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,備え,備蓄,備蓄食料,感染症対策
非常食・防災グッズ 防災のセレクトショップ SEI SHOP セイショップ
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ