防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

加々美武夫(室戸台風(1934年9月21日)時の大阪市助役・大阪市長(第8代))の災害復興の名言 [今週の防災格言665]

time 2020/09/21

加々美武夫(室戸台風(1934年9月21日)時の大阪市助役・大阪市長(第8代))の災害復興の名言 [今週の防災格言665]

既往きおうおもうは将来をいましむるのたとへ、今回(※室戸台風)の風水禍により都市の文化的施設は天災に対し如何に無力なるものなりしかを如実に痛感せしめ、我等都市行政に携わるものをして災害に対する防衛の強化を示唆して余りあり。 』

加々美武夫(1890~1936 / 警察官僚・内務省内務書記官 大阪市長(第8代))

格言は「大阪市風水害誌」(昭和10年5月)序より。

曰く―――。

《 惟(おも)うに古来天災地殃(てんさいちおう)尠(すくな)からずと雖(いえど)も、今回突如として関西一帯を襲いたる台風の如きは未だ曾(かつ)てその類を見ざる所にして、殊に本市はその中心圏内にあり、加ふるに西部沿岸地域は不測の大高潮を伴い、海に陸に激烈なる惨禍をもたらし、人命の損傷、住家・工場・店舗の浸水・倒壊、公営物の損害等算なく、通信・運輸・電力等の諸機関も忽(たちま)ち全活動を停止し、産業文化の大都市も一瞬にして修羅場と化し、その惨状洵(まこと)に言語に絶するものありき。

然りと雖(いえど)もこの大風水禍に直面し、市民は克(よ)く秩序と統制を保ち、或は避難に或は救護に協力一致、最善を尽して苦難を克服したるは共に深く欣(よろこ)びとする所なり。本市又災後直ちにあらゆる機開(機械)を動員して、衣食の配給と医療救護に全力を注ぐと共に、各種公営物の復旧に努力し、以て災害の善後応急措置に遺憾なきを期したり。

事、天聴に達するや畏くも、聖上陛下には罹災民の苦痛を殊のほか御軫念(しんねん)あらせられ、・・・《中略》・・・

夫(そ)れ既往(きおう)を懐(おも)うは将来を警(いま)しむるの喩(たと)え、今回の風水禍により都市の文化的施設は天災に対し如何に無力なるものなりしかを如実に痛感せしめ、我等都市行政に携わるものをして災害に対する防衛の強化を示唆して余りあり。本市深く茲(ここ)に思いを致し、今次の幾多尊き試練を活用し各専門家の意見を徴(め)し、以て本市復興の大計を樹立することに努力したり。

この間、寝食を忘れて東奔西走、救護に復旧に将又(はたまた)復興計画に日夜心血を注ぎて奮闘せられたる我關市長は、新春忽々(こつこつ)不幸二豎(にじゅ)の侵す所となり遂に不帰の客とならる。洵(まこと)に痛恨の至りというべし。不肖乏しきをその後に承(う)く、故市長の意圖を體し砕身粉骨本市復興の実を挙げんとす。

茲(ここ)に今回の風水禍に基く被害の実情と救護の顛末を録し、復旧復興計画の大要を記して一書を編したり。是れ一は以て、聖恩(※天皇家から)の宏大を感銘し、各方面の温情を記念すると共に、他面今回の災禍を永久に伝えて、将来の参考に供せんとするの微意に外ならず、敢て本書の発刊に際し一言以て序とす。昭和十年三月 》

加々美武夫(かがみ たけお)は、歴史的な高潮と暴風で大阪府下だけで二千人近い犠牲者をだした「室戸台風(昭和9(1934)年9月21日)」の際に大阪市第一助役を務めた人物。災害復旧の陣頭指揮の最中に關一(せき はじめ)大阪市長が急死したため、その遺志を継いで大阪市長(第8代)となって後の復興市政をまとめあげたことで知られる。

急逝した關市長に代わって市長に昇格した際には少なからず難色の声も挙がり、室戸台風からの大阪市の復興について「一大試練」と揶揄もされたが、その後の災害復興で常に先頭に立ち全市へと号令を発したことで高い評価を受けた。加々美は、室戸台風災害の被害状況や救護の顛末の詳細、復旧・復興計画の大要についてのつぶさな記録を残し、後世のための貴重な資料とすることを目的に昭和10(1935)年5月に千二百ページにわたる「大阪市風水害誌」を編纂させている。

明治23(1890)年8月9日、山梨県東山梨郡西保村北原(現山梨市)生まれ。海城中学(旧制)、東京高等商業学校(後の一橋大学)を経て大正4(1915)年京都帝国大学法学部を卒業。警視庁に入庁し、警視、保安課長、小石川大塚警察署長、赤坂表町警察署長、大阪府警視、特別高等課長、京都府理事官、内務部社会課長、内務省警保局内務事務官、内務省内務書記官を歴任。大正12(1923)年1月より大阪市助役に就任し「大阪の父」と呼ばれた關一大阪市長の右腕として長きにわたって市政を支えた。
室戸台風直後の昭和10(1935)年1月26日に關市長が病死したため、同年2月12日に第8代大阪市長となったが、翌昭和11年(1936年)7月20日に病気となり在任わずか1年5ヶ月で辞任することとなった。辞任から2ヶ月後の9月18日に死去。47歳だった。

加々美武夫

■「加々美武夫」「室戸台風」「洪水・水害」に関連する防災格言内の主な記事
寺田寅彦[9](物理学者 室戸台風直後の随筆から)(2019.06.24 防災格言)
寺田寅彦[10](物理学者 室戸台風直後の随筆から)(2020.08.31 防災格言)
加々美武夫(室戸台風時の大阪府助役 警察官僚・内務省内務書記官 大阪市長(第8代))(2020.09.21 防災格言)
藤原咲平 (気象学者 室戸台風後の著書『天気と気候』より)(2013.10.28 防災格言)
丹羽安喜子(歌人 室戸台風で罹災)(2016.08.22 防災格言)
長野県伊那地方の水害の伝承「未満水(ひつじまんすい)(1715年)」より(2020.06.29 防災格言)
中谷宇吉郎[2](物理学者・随筆家 カスリーン台風後の随筆「水害の話(1947年)」より)(2020.07.06 防災格言)
諫早豪雨の教訓から(1957(昭和32)年7月25日)(2017.07.10 防災格言)
松野友(岐阜県本巣郡穂積町町長 日本初の女性村長)(2015.03.02 防災格言)
及川舜一(元岩手県一関市市町 カスリーン台風とアイオン台風の大水害)(2015.09.14 防災格言)
小川竹二(元新潟県豊栄市長 下越水害)(2017.09.11 防災格言)
奥貫友山(利根川・荒川水害である寛保大水害時の慈善家)(2010.4.5 防災格言)
安芸皎一(河川工学者・土木技術者 東京大学教授 「伊勢湾台風」の名言)(2020.09.07 防災格言)
川合茂(河川工学者 舞鶴工業高等専門学校名誉教授)(2011.08.15 防災格言)
高橋裕(河川工学者 東京大学名誉教授)(2017.06.12 防災格言)
幸田文(随筆家・小説家 代表作『崩れ』『流れる』)(2015.05.11 防災格言)
桑原幹根(愛知県知事)(2014.09.15 防災格言)
廣井悠 (都市工学者)(2012.03.12 防災格言)
大隈重信 (佐賀藩士・早稲田大学創立者)(2010.09.27 防災格言)
下田歌子 (歌人・実践女子学園創始者)(2009.12.14 防災格言)
平生釟三郎 (川崎重工業社長)(2009.11.02 防災格言)
山下重民 (明治のジャーナリスト 風俗画報編集長)(2008.09.22 防災格言)
吉田茂 (政治家)(2008.05.05 防災格言)
脇水鉄五郎(地質学者・日本地質学会会長)(2011.07.18 防災格言)
谷崎潤一郎 (作家)(2014.12.08 防災格言)
矢野顕子 (シンガーソングライター ハリケーン・サンディ水害)(2016.10.17 防災格言)
森田正光 (お天気キャスター)(2017.06.05 防災格言)
中央防災会議「大規模水害対策に関する専門調査会」(2008年9月8日)より(2018.07.09 防災格言)
二宮尊徳翁(二宮金次郎)(江戸時代後期の経世家・農政家)(2012.01.30 防災格言)
上杉鷹山 (江戸時代中期の大名 出羽国米沢藩9代藩主)(2010.04.12 防災格言)
莅戸善政[1] (かてもの作者 出羽国米沢藩家老)(2008.03.17 防災格言)
莅戸善政[2] (かてもの作者 出羽国米沢藩家老)(2011.12.05 防災格言)
中江藤樹 (江戸時代初期の陽明学者 近江聖人)(2010.11.22 防災格言)
『百姓伝記』(1680~1682年・著者不明)巻七「防水集」より(2018.08.27 防災格言)
中西 進(国文学者 大阪女子大名誉教授 文化勲章受章)(2019.04.08 防災格言)
倉嶋厚(気象学者・お天気キャスター 元気象庁主任予報官)(2019.07.22 防災格言)
宮澤清治 (気象学者・NHK気象キャスター)(2016.09.05 防災格言)
高橋浩一郎(気象学者 気象庁長官(第5代) 筑波大学教授)(2019.10.14 防災格言)
中曽根康弘(政治家 内閣総理大臣(第71~73代))(2019.12.02 防災格言)
鍋島直正(大名・肥前国佐賀藩主(第10代) 「シーボルト台風」)(2019.12.09 防災格言)
利根川改修工事に見る水害の歴史(2010.2.26 編集長コラム)
利根川の洪水想定 首都圏で死者4,500~6,300人(2010.3.5 編集長コラム)
小田原評定(水俣土石流災害)(2006.1.29 編集長コラム)
豪雨そして土砂災害。その犠牲者はいつも老人ホーム(2010.7.20 編集長コラム)
アーノルド・ニーベルディング(1838~1912 / ドイツの法学者 政治家)(2020.09.14 防災格言)

■「被災時の首町」に関連する防災格言内の記事
加々美武夫(室戸台風時の大阪府助役 警察官僚・内務省内務書記官 大阪市長(第8代))(2020.09.21 防災格言)
越森幸夫(政治家 北海道南西沖地震時の奥尻町長)(2018.02.05防災格言)
松野友(水害の町である岐阜県本巣郡穂積町町長 日本初の女性村長)(2015.03.02防災格言)
岡村正吉(1977年有珠山噴火時の北海道虻田郡虻田町長)(2012.07.16防災格言)
及川舜一(カスリーン台風とアイオン台風の大水害時の岩手県一関市市町)(2015.09.14防災格言)
小川竹二(下越水害時の新潟県豊栄市長)(2017.09.11防災格言)
後藤新平(関東大震災時の内務大臣兼帝都復興院総裁)(2010.04.26防災格言)
永田秀次郎(関東大震災時の東京市長)(2015.01.05防災格言)
安河内麻吉(関東大震災時の神奈川県知事)(2008.04.28防災格言)
石黒英彦(昭和三陸地震時の岩手県知事)(2013.06.10防災格言)
貝原俊民(阪神淡路震災時の兵庫県知事)(2014.11.01防災格言)
斎藤富雄(阪神淡路震災時の兵庫県副知事・兵庫県初代防災監)(2017.11.20防災格言)
片山善博(鳥取県西部地震時の鳥取県知事)(2014.1.27防災格言)
村井嘉浩(東日本大震災時の宮城県知事)(2013.10.14防災格言)
泉田裕彦(新潟県中越地震時の新潟県知事)(2012.02.20防災格言)
ミハイル・ゴルバチョフ(旧ソビエト連邦最後の共産党書記長)(2008.03.24防災格言)
李登輝(政治家・台湾総統)(2015.07.13防災格言)

 

<防災格言編集主幹 平井 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,危機管理,非常食,防災グッズ,水害
非常食・防災グッズ 防災のセレクトショップ SEI SHOP セイショップ
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ