防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

茂木清夫(1929~2021 / 地震学者・火山学者 元地震予知連会長)の著書『考え直そう、地震防災』の名言 [今週の防災格言709]

time 2021/07/26

茂木清夫(1929~2021 / 地震学者・火山学者 元地震予知連会長)の著書『考え直そう、地震防災』の名言 [今週の防災格言709]


『 地震はいつおこるかわからないことを銘記し、これを単なる作文に終わらせてはならない。 』

茂木清夫(1929~2021 / 地震学者・火山学者 地震予知連会長 東京大学名誉教授)

格言は、著書『考え直そう、地震防災(岩波ブックレットNo.485)』(岩波書店 1999年)より。

曰く―――。

《 十数年前に『読売新聞』の「防災特集」に防災空間の重要性について書いたが、その中で次のような趣旨を述べた。

「超過密都市東京では、都市空間が地震災害を防ぐのに極めて重要であることはすでにたびたび指摘されていることである。先年われわれ(地震予知連絡会、関東部会)は、近年減りつつある都市部の公共有地を早急に確保すべきであるとの提言を行なった。ところが昨今、民活のためとして、都市部の国公有地を積極的に民間へ払い下げているということであるが、これは首都東京の長期的防災対策にとって、まことに致命的なことである。」

・・・(中略)・・・

私は地震直後(※阪神淡路大震災=1995年)、ヘリコプターで現地の被災状況を調査したが、阪神地区が六甲山地と大阪湾の間の狭いベルト状の地域にある超過密都市であることをあらためて認識した。さらにその後、明石の方から歩いて調査に入ったが、多くの被災者が狭い避難地で苦難の日々を送っているのを見て、防災空間ともいうべきものがほとんどなかった状態をあらためて確認した。建物もぎっしりと密集して建っているので、地震で破壊しなかった建物が、隣の建物の倒壊のために大破するという状況も少なからず見られた。

・・・(中略)・・・

神戸からヘリコプターで東京に近づくと、首都圏の広大さと、それがほとんど家で埋めつくされていることを実感した。しかも、空間らしい空間としては皇居と明治神宮、新宿御苑、上野公園ぐらいという、超過密の状態にあることを見て、あらためて慄然とした。この首都圏の地下ではユーラシアプレートの下に、太平洋プレートとフィリピン海プレートが年間数センチメートルの速さでもぐりこみ、衝突し合っていて、地震をおこす歪みエネルギーが着々と蓄積されている世界有数の地震頻発地なのである。地震が全くおこらないロンドンやパリなどの諸外国の大都市では大きい公園が街の中にいくつもあるという状況を見るにつけ、日本の大都市にこそ、こういう空間が必要なのに、思わざるをえない。

二年ほど前(※1997年)に、新総合土地政策要綱が閣議で決定された。その中で、大都市圏で防災上危険な密集市街地を質の高い市街地にするため、老朽木造建築物の除去、建て替えの促進を図れるような法制化が盛りこまれた。 ・・・(中略)・・・ 阪神大震災による死者の多くが老朽木造家屋の倒壊によるものであり、このような木造建築物の密集地が首都圏をはじめとする大都市になお多く存在する現状を見れば、まことに適切な対策であり、税制などの優遇処置によって強力に推進すべきことである。

とは言え、すべてが破壊しつくされた阪神の被災地においてさえ、都市計画が思うように進行していない所がある。これは人々が土地への強い愛着をもち、その地域全員の同意を得ることが、いかに難しいことであるかを示している。それを震災にあっていないほかの地域で実施することは、容易なことではないかもしれない。しかし、この問題は阪神大震災を経験して得た大きな教訓であり、種々の優遇策、支援策によって緊急に実行すべきことである。地震はいつおこるかわからないことを銘記し、これを単なる作文に終わらせてはならない。

ただし、前述の新総合土地政策推進要綱では、規制緩和による土地取引の活性化を助長し、土地の有効活用をはかるとしている。したがって、これによって、かえって過密化が助長されるおそれがある。そのようなことがないようにするとともに、この地価下落の時期に、できるだけ防災空間をふやすことを積極的に推進すべきであると思う。 》

茂木清夫(もぎ きよお)先生は、東海地震(南海トラフ巨大地震)が起るかどうかを判断する地震防災対策強化地域判定会(判定会)会長(第3代 1991年~1995年)や、地震予知連絡会委員(1973年~2001年)及び地震予知連絡会会長(第3代 1991年~2001年)を歴任した地震学および地震予知の第一人者。

1969年(昭和44年)に静岡県沖の駿河湾に大地震が迫っているという「東海地震説」を提唱し、東海地震予知のよりどころである地震直前に発生するとされる「プレスリップ(前兆すべり)」を1982年(昭和57年)に発表した。
1991年(平成3年)に判定会会長に就任。東海地震発生の警戒宣言が発令された場合に、物流が止まり、経済活動が停止することで経済的損失が発生するため、白でも黒でもない“灰色情報”を新設し、経済活動が続けられるようにする必要性を本格的に訴え始めた。
しかし、阪神淡路震災直後の1996年(平成8年)、東海地震の警戒宣言発令の判定方法を巡る不満(灰色の選択肢がないこと)を世に問うために自ら判定会会長と判定会委員を辞任した。政府の地震予知方針に対し「予知には不確実な要素も多く、百パーセント起こるか起こらないか、の二者択一は現実的でない」として、その「不確実性(灰色問題)」を考慮しない国の対応を批判し続け、また、東海地震想定域の真上に建つ「浜岡原発」の危険性にも言及した。
2003年(平成15年)に政府の中央防災会議で大規模地震対策特別措置法(大震法)に基づく地震防災基本計画が修正され、このとき、茂木が訴えてきた“灰色”の「注意情報」が初めて新設されることになった。

1929年(昭和4年)12月28日、山形県谷地町南町(現河北町谷地)に生まれる。旧制寒河江中学(現山形県立寒河江高等高校)、旧制山形高等学校(現山形大学)を経て、1953年(昭和28年)に東京大学理学部地球物理学科を卒業。三菱鉱業(現三菱マテリアル)入社を経て、1954年(昭和29年)東京大学助手、1969年(昭和44年)東京大学教授に就任。東京大学地震研究所教授・同研究所所長を歴任し、1990年(平成2年)退官し日本大学生産工学部教授。
2021年(令和3年)6月6日、誤嚥性肺炎により千葉県習志野市内の病院で死去。91歳。





■「地震学者」に関連する防災格言内の記事
地震史:日本地震学会を作った男 ジョン・ミルン(1850~1913)博士物語(2003.10.16 編集長コラム)
服部一三(1851~1929 / 文部官僚・内務官僚 第13代兵庫県知事 日本地震学会初代会長)(2008.07.21 防災格言)
関谷清景(1854~1896 / 地震学者 東京帝国大学教授 世界初の地震学科の専任教授)(2008.08.11 防災格言)
菊池大麓(1855~1917 / 数学者 政治家・文部大臣 東京大学総長)(2018.01.01 防災格言)
小藤文次郎(1856~1935 / 地質学者・火山学者 東京帝国大学名誉教授)(2016.04.18 防災格言)
脇水鉄五郎(1867~1942 / 地質・土壌学者 東京帝大教授 日本地質学会会長)(2011.07.18 防災格言)
大森房吉(1868~1923 / 地震学者 東京帝国大学教授 理学博士)(2019.04.29 防災格言)
今村明恒(1870~1948 / 地震学者 東京帝国大学教授)(2008.05.12 防災格言)
大森 vs 今村論争(2005.08.31 編集長コラム)
小川琢治(1870~1941 / 地質学者・地理学者 京都帝国大学教授)(2019.09.09 防災格言)
寺田寅彦[1](1878~1935 / 物理学者・随筆家)(2007.11.26 防災格言)
寺田寅彦[2](1878~1935 / 物理学者・随筆家)(2009.03.02 防災格言)
寺田寅彦[3](1878~1935 / 物理学者・随筆家)(2009.10.12 防災格言)
寺田寅彦[4](1878~1935 / 物理学者・随筆家)(2011.06.20 防災格言)
寺田寅彦[5](1878~1935 / 物理学者・随筆家)(2016.08.01 防災格言)
寺田寅彦[6](1878~1935 / 物理学者・随筆家)(2017.08.21 防災格言)
寺田寅彦[7](1878~1935 / 物理学者・随筆家)(2018.06.25 防災格言)
寺田寅彦[8](1878~1935 / 物理学者・随筆家)(2019.03.11 防災格言)
寺田寅彦[9](1878~1935 / 物理学者・随筆家)(2019.06.24 防災格言)
寺田寅彦[10](1878~1935 / 物理学者・随筆家)(2020.08.31 防災格言)
藤原咲平(1884~1950 / 気象学者 中央気象台長 東京大学理学部教授)(2013.10.28 防災格言)
松山基範(1884~1958 / 地球物理学者 京都大学名誉教授 山口大学初代学長)(2015.02.16 防災格言)
阿部良夫(1888~1945 / 物理学者 早稲田大学教授 北海タイムス社長)(2014.06.30 防災格言)
中谷宇吉郎[1](1900~1962 / 物理学者・随筆家 理学博士 元北海道大学教授)(2009.10.19 防災格言)
中谷宇吉郎[2](1900~1962 / 物理学者・随筆家 理学博士 元北海道大学教授)(2020.07.06 防災格言)
和達清夫(1902~1995 / 地球物理学者 初代気象庁長官)(2007.12.03 防災格言)
河角廣(1904~1972 / 地震学者 東京大学地震研所所長 東大名誉教授)(2016.05.23 防災格言)
坪井忠二(1902~1982 / 地球物理学者・随筆家 東京大学名誉教授)(2011.06.27 防災格言)
荒川秀俊(1907~1984 / 気象学者・災害史家 元気象庁気象研究所長)(2016.10.03 防災格言)
萩原尊禮[1](1908~1999 / 地震学者 地震予知連名誉会長 東大名誉教授)(2008.09.08 防災格言)
萩原尊禮[2](1908~1999 / 地震学者 地震予知連名誉会長 東大名誉教授)(2015.09.21 防災格言)
水上武(1909~1985 / 火山物理学者・理学博士 東京大学名誉教授)(2014.10.13 防災格言)
圓岡平太郎 (中央気象台鹿児島測候所長 口永良部島新岳噴火(1931年)報告書)(2015.06.01 防災格言)
糸川英夫(1912~1999 / 航空宇宙工学者 東京大学名誉教授)(2008.04.07 防災格言)
高橋浩一郎(1913~1991 / 気象学者 気象庁長官(第5代) 筑波大学教授)(2019.10.14 防災格言)
永田武(1913~1991 / 地球物理学者 岩石磁気学の祖 東京大学名誉教授)(2015.04.13 防災格言)
劉英勇(1915~1990 / 中国共産党の政治家・将軍・副書記 初代地震局局長 )(2012.02.06 防災格言)
マーティン・デューク(1917~1988 / アメリカの地震工学者 カリフォルニア大学(UCLA)教授)(2008.7.14 防災格言)
浅田敏(1919~2003 / 地震学者 地震予知連会長 東大名誉教授 東海大名誉教授)(2007.12.17 防災格言)
藤田和夫[1](1919~2008 / 地質学者 理学博士 大阪市立大学名誉教授)(2015.11.09 防災格言)
藤田和夫[2](1919~2008 / 地質学者 理学博士 大阪市立大学名誉教授)(2017.05.08 防災格言)
竹内均[1](1920~2004 / 地球物理学者 東大名誉教授)(2010.09.06 防災格言)
竹内均[2](1920~2004 / 地球物理学者 東大名誉教授)(2016.04.04 防災格言)
力武常次(1921~2004 / 地震学者 東京大学名誉教授 東大地震研所長)(2011.10.24 防災格言)
谷川健一(1921~2013 / 民族学者・日本地名研究所所長 文化功労者)(2019.08.26 防災格言)
安倍北夫(1922~2013 / 社会心理学者 東京外国語大学名誉教授)(2016.02.08 防災格言)
羽鳥徳太郎(1922~2015 / 歴史地震学者・津波研究家 専門は歴史津波・津波工学)(2018.08.06 防災格言)
山下文男(1924~2011 / 作家 津波災害史家 代表作「津波ものがたり」)(2010.03.01 防災格言)
下鶴大輔(1924~2014 / 火山学者 火山噴火予知連会長 東京大学名誉教授)(2015.08.10 防災格言)
宇津徳治(1928~2004 / 地震学者 日本地震学会会長 東京大学名誉教授)(2014.12.01 防災格言)
茂木清夫[1](1929~2021 / 地震学者 元地震予知連会長 日本大学教授 東京大学名誉教授)(2011.03.14 防災格言)
茂木清夫[2](1929~2021 / 地震学者・火山学者 地震予知連会長 東京大学名誉教授)(2021.07.26 防災格言)
篠塚正宣(1930~2018 / 地震工学者 コロンビア大学栄誉教授 プリンストン大学名誉教授)(2020.01.20 防災格言)
松田時彦(1931~ / 地質学者・地震地質学 東京大学名誉教授)(2016.12.19 防災格言)
伊藤滋(1931~ / 都市計画家 東京大学名誉教授 地震調査研究推進本部初代政策委員会委員長)(2019.07.29 防災格言)
津村建四朗(1933~ / 地震学者 元地震調査推進本部地震調査委員会委員長)(2013.07.08 防災格言)
大塚道男(1933~2001 / 地震学者・固体地球物理学 九州大学名誉教授)(2011.05.09 防災格言)
村上処直(1935~ / 都市防災家 防災都市計画研究所名誉所長)(2009.12.07 防災格言)
表俊一郎(1936~2002 / 地震学者 地震学会会長 九州産業大学名誉教授)(2016.05.09 防災格言)
溝上恵(1936~2010 / 地震学者 東京大学地震研究所教授 東大名誉教授)(2010.08.23 防災格言)
神沼克伊(1937~ / 地球物理学者・極地探検家 国立極地研究所名誉教授 理学博士)(2018.11.12 防災格言)
大竹政和(1939~ / 地震学者 東北大学名誉教授 第4代地震予知連会長)(2014.01.13 防災格言)
北原糸子(1939~ / 歴史地震学者 神奈川大学教授 歴史地震研究会会長)(2008.10.27 防災格言)
岡田弘(1943~ / 地球物理学者 専門は火山学 北海道大学名誉教授)(2014.09.29 防災格言)
濱田政則(1943~ / 地震工学者 早稲田大学教授 工学博士 土木学会会長)(2013.06.03 防災格言)
池谷浩(1943~ / 元建設省砂防部長 砂防地すべり技術センター理事長)(2009.08.03 防災格言)
ヘルムート・トリブッチ(1943~ / ドイツの自然科学者 ベルリン自由大学名誉教授)(2011.10.24 防災格言)
石橋克彦(1944~ / 地震学者 神戸大学名誉教授 専門は地震テクトニクス)(2011.4.18 防災格言)
阿部勝征(1944~2016 / 地震学者 東京大学名誉教授 東海地震判定会会長)(2011.08.22 防災格言)
河田恵昭(1946~ / 地震学者 関西大学教授 京都大学教授 専門は都市災害)(2011.04.25 防災格言)
藤井敏嗣(1946~ / 火山学者 東大地震研究所教授 火山噴火予知連会長)(2010.04.19 防災格言)
廣井脩(1946~2006 / 災害情報学者 東京大学大学院教授 災害情報研究の第一人者)(2009.09.28 防災格言)
都司嘉宣(1947~ / 地震学者・専門は地震考古学 理学博士 元東京大学地震研究所准教授)(2013.03.25 防災格言)
寒川旭(1947~ / 地震考古学者 産業技術総合研究所招聘研究員)(2012.11.19 防災格言)
菊地正幸(1948~2003 / 地震学者 東京大学教授 リアルタイム地震学を提唱)(2009.11.16 防災格言)
ケリー・シー(1950?~ / アメリカの地震学者・地質学者 専門は古地震学)(2015.02.02 防災格言)
林春男(1951~ / 社会心理学者 京都大学防災研究所教授 地域安全学会会長)(2008.09.15 防災格言)
山岡耕春(1958~ / 地震学者 名古屋大学教授 地震火山・防災研究センター長)(2012.04.23 防災格言)
ドナルド・ディングウェル(1958~ / ドイツの火山学者・地球物理学者 ミュンヘン大教授)(2011.02.07 防災格言)
廣井悠(1978~ / 都市工学者 東京大学大学院准教授 専門は都市防災・都市工学)(2012.03.12 防災格言)

 

<防災格言編集主幹 平井 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,防災グッズ,非常食,防災用品
みんなの防災対策を教えてアンケート募集中 非常食・防災グッズ 防災のセレクトショップ SEI SHOP セイショップ
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ