防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

伊藤宗一郎が国会衆議院本会議で遺した格言(政治家)[今週の防災格言247]

time 2012/09/03

伊藤宗一郎が国会衆議院本会議で遺した格言(政治家)[今週の防災格言247]


『 自分の国を自分で守る最も基本的な努力を十分に尽くさずに、他力本願で自国の安全を求めるというような甘い考えは、もはや通らない時代になってきている。 』

伊藤宗一郎(1924〜2001 / 政治家・自民党 衆議院議員(13期) 防衛庁長官)

格言は昭和55(1980)年10月の国会衆議院本会議で、第70代内閣総理大臣に就任した鈴木善幸(すずきぜんこう / 1911〜2004)総理の所信表明演説に対する代表質問より。

伊藤宗一郎(いとう そういちろう)氏は、防衛庁長官や科学技術庁長官、衆議院議長などを歴任した宮城県加美町出身の政治家。昭和60(1985)年の通常国会で、その後廃案となった外交・防衛上の国家機密に対する公務員の守秘義務を定めた「国家秘密に係るスパイ行為等の防止に関する法律案(スパイ防止法案)」を提出した議員としても知られている。
東北大学法学部を卒業後、讀賣新聞の政治部記者を経て、1960(昭和35)年に36歳で衆議院議員選挙に初当選し、以来、通算13回当選。大学に在籍した戦時中に陸軍少尉として軍務に就いた経験もあり、議員となって以降は、安全保障や資源エネルギー問題の啓発などに尽力されたが、在任中の2001(平成13)年9月4日に東京都港区の自宅で心不全により死去。長男は自民党・元衆議院議員の伊藤信太郎氏。死後、従二位・勲一等旭日桐花大綬章。宮城県名誉県民。

■「伊藤宗一郎」氏に関連する防災格言内の主な記事
政治家・西村英一氏(2008.02.11 防災格言)
東京都知事・安井誠一郎氏(2008.03.10 防災格言)
政治家・小泉純一郎氏 (2008.06.02 防災格言)
政治家・吉田茂氏 (2008.05.05 防災格言)
政治家・麻生太郎氏 (2008.01.28 防災格言)

 

<防災格言編集主幹 平井 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,危機管理,非常食
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ