防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

小泉丹の随筆『自然科学』の名言(1882~1952 / 生物学者・寄生虫学者 慶應義塾大学医学部教授)[今週の防災格言747]

time 2022/04/18

小泉丹の随筆『自然科学』の名言(1882~1952 / 生物学者・寄生虫学者 慶應義塾大学医学部教授)[今週の防災格言747]


『 自然界はこの上もなく複雑であり、多様である。 』

 

小泉 丹(1882~1952 / 生物学者・寄生虫学者 東京帝国大学教授 慶應義塾大学医学部教授)

 

格言は、随筆『自然科学』(昭和14年6月)より。

曰く―――。

自然界はこの上もなく複雑であり、多様である。
何かのイデオロギーを心にもってそれを見る場合、そのイデオロギーに合致するものを見出し、それを集め、そのイデオロギーを強化させることは必ずしも難しくない。一方にまた自然界の現象には異なった解説が可能である。それ故一つの事象が、異なった立場の考究者によって、両者何れにもその考えの立証の材料とされ得るのである。

例えば、自然界には相互闘争があり、生存抗争がある。而して相互扶助がある。相互扶助のイデオロギーで解説を押し通そうというのは自然科学的でない。ヂラフ(キリン)が長い頸と脚とをもっている。これの由来をラマルクは使用不要で説明した。而してダーウィンは生存抗争で説明した。自然科学の面白味はこのようなところにもある。学習者はそれ等の何れにも捉われずして、無予想を以て事物を学ぶという態度を学ばねばならぬ。

 

小泉 丹(こいずみ まこと 通称:こいずみ たん)は、デング熱など熱帯病とマラリア原虫・回虫などの寄生虫研究で知られる生物学者(自然科学者)。理学博士・医学博士。戦後、寄生虫についての啓蒙と集団駆除を提唱し、結核と並び国民病ともいわれた寄生虫症を激減させることに貢献した。
弟に第二次新思潮や白樺派の作家で翻訳家の小泉鉄(まがね)(1886~1954)がいる。

1882年(明治15年)11月23日、京都府生まれ。雪国の福島県若松市(現会津若松市)で生まれ育ち、父親の転勤による引っ越しや進学で寄宿舎暮らしをしたことから、小学時代と高等学校のほとんどを宮城県仙台市で過ごした。
読書家だった父親の影響で、少年時代から本を読み、旧制会津中学の五年生の頃には既に将来を学問で身を立てることを決心し、仙台の二校(旧制第二高等学校)へと進学。高校卒業と同時に父を亡くし、一家を背負うような境涯となって苦学しながらも上京し、1907年(明治40年)東京帝国大学理学部動物学科を卒業。伝染病研究所(国立感染症研究所の前身)に入り、寄生虫学者の宮島幹之助(1872~1944)に師事し、寄生原虫学を専門として、寄生虫学、生物学、医学(公衆衛生学)を学んだ。1912年(明治45年)に初となる著書『人体寄生動物学』を上梓。1914年(大正3年)台湾に赴任し、台湾総督府中央研究所技師に転じ、マラリア病の研究とその予防撲滅に活躍した。その後、陸軍省の馬疫調査委員会委員、国際連盟保健部理事を経て、1924年(大正13年)に新設された慶応義塾大学医学部教授となり寄生虫学教室を担当した。寄生虫学の研究、とくに回虫に関する広範な研究を行い、『蛔虫の研究』『人体寄生虫』のほか『進化学序講』『進化学経緯』『日本科学史私攷』など解説書、また多くの随筆『生物学巡礼』『野口英世』『科学的教養』などを著した。
戦後1949年(昭和24年)予防医学の国井長次郎(1916~1996)とともに東京寄生虫予防協会(後の日本寄生虫予防会)を立ち上げ理事長を務めた。1952年(昭和27年)10月21日死去。69歳。
日本寄生虫学会では彼の功績を称え「小泉賞」が創設されている。


photo by Wikipedia







■「台湾総督府」に関連する防災格言内の記事
李登輝(1923~2020 / 台湾の政治家・農業経済学者 元中華民国総統)(2015.07.13 防災格言)
後藤新平(1857~1929 / 医師・政治家 関東大震災後の内務大臣兼帝都復興院総裁)(2010.4.26 防災格言)
新渡戸稲造(1862~1933 / 農学者・教育者・法学者 東京女子大初代学長)(2012.11.12 防災格言)
下村海南(下村宏)[1](1875~1957 / ジャーナリスト 内閣情報局総裁)(2016.6.27 防災格言)
下村海南(下村宏)[2](1875~1957 / 官僚政治家・歌人 拓殖大学学長(第6代))(2020.04.13 防災格言)
小泉 丹(1882~1952 / 生物学者・寄生虫学者 東京帝国大学教授 慶應義塾大学医学部教授)(2022.04.18 防災格言)
石黒英彦(1884~1945 / 昭和三陸地震時の岩手県知事 朝鮮・台湾総督府官僚)(2013.06.10 防災格言)

■「医者」「医学者」に関連する防災格言内の記事
ガレノス(AD129頃~AD216頃 / 古代ローマ帝国の医者・哲学者)(2020.02.24 防災格言)
秦宗巴(1550~1607 / 江戸初期の医者 豊臣秀次、徳川家康侍医)(2019.08.05 防災格言)
常盤潭北(1677~1744 / 江戸時代中期の俳人 医者・教育者)(2017.07.03 防災格言)
吉益東洞(1702~1773 / 江戸時代の漢方医 日本近代医学中興の祖)(2020.05.11 防災格言)
橘南谿(1753~1805 / 江戸時代の医師 朝廷医官)(2011.07.04 防災格言)
伊藤圭介(1803~1901 / 幕末明治期の博物学者・医師 日本初の理学博士 東京大学名誉教授 男爵)(2021.06.28 防災格言)
佐野常民(1823~1902 / 日本赤十字創設者)(2013.02.11 防災格言)
アンリ・デュナン(1828~1910 / 国際赤十字創設者)(2011.5.2 防災格言)
橋本綱常(1845~1909 / 医師・陸軍軍医総監 橋本左内の実弟)(2014.05.12 防災格言)
三宅秀(1848~1938 / 医学者・貴族院議員 東京大学名誉教授)(2016.06.20 防災格言)
北里柴三郎(1853~1931 / 細菌学者 医学者)(2008.12.15 防災格言)
片山国嘉(1855~1931 / 法医学者 東京大学教授)(2015.11.16 防災格言)
後藤新平(1857~1929 / 医師・政治家 関東大震災後の内務大臣兼帝都復興院総裁)(2010.4.26 防災格言)
森鴎外(1862~1922 / 作家・医者 医学博士)(2014.11.03 防災格言)
ウイリアム・ハスラー(1868~1931 / 医学者 サンフランシスコ市保健委員会委員長)(2020.06.22 防災格言)
ウォルター・B・キャノン(1871~1945 / アメリカの生理学者・医学博士 ハーバード大学医学部教授)(2020.03.30 防災格言)
二木謙三(1873~1966 / 内科医・細菌学者)(2016.11.14 防災格言)
柳瀬実次郎(1875~1923 / 小児科医 大阪回生病院長 大阪こども研究会発起人)(2014.09.08 防災格言)
松下禎二[1](1875~1932 / 医学者 京大教授 政治家・衆議院議員)(2020.08.17 防災格言)
松下禎二[2](1875~1932 / 医学者 京大教授 政治家・衆議院議員)(2020.10.26 防災格言)
原栄(蒲生紫川)(1879~1942 / 医師・医学博士 夏目漱石門下の俳人 結核のサナトリウム療法を日本に紹介)(2021.06.14 防災格言)
小泉 丹(1882~1952 / 生物学者・寄生虫学者 東京帝国大学教授 慶應義塾大学医学部教授)(2022.04.18 防災格言)
石原 修(1885~1947 / 衛生学者・医学博士 日本産業医学の先駆者 大阪帝国大学教授)(2021.02.15 防災格言)
額田晋(1886~1964 / 医師・医学者 東邦大学と額田医学生物学研究所の創立者)(2020.11.09 防災格言)
浅田一(1887~1952 / 法医学者 東京医専教授 長崎医大教授)(2011.10.03 防災格言)
エイブラム・カーディナー(1891~1981 / 心的外傷後ストレス障害(PTSD)を定義した米国の精神科医)(2019.01.21 防災格言)
マクファーレン・バーネット(1899~1985 / オーストラリアの免疫学者 ノーベル生理学・医学賞)(2020.02.03 防災格言)
日野原重明(1911~2017 / 医師 聖路加国際病院理事長・名誉院長)(2017.07.24防災格言)
ジョナス・ソーク(1914~1995 / アメリカ合衆国の医学者 「ポリオワクチン」発明者)(2021.04.26 防災格言)
関東大震災時(1923年)のアメリカ合衆国赤十字社防災標語(2008.05.19 防災格言)
日沼頼夫(1925~2015 / ウイルス学者 京都大学名誉教授 塩野義製薬副社長)(2020.01.27 防災格言)
川崎富作(1925~2020 / 小児科医 川崎病を発見)(2009.01.05 防災格言)
手塚治虫[1] (1928~1989 / 漫画家・医学博士 代表作「ブラック・ジャック」)(2013.09.30 防災格言)
手塚治虫[2](1928~1989 / 漫画家・医学博士 漫画の神様)(2020.10.05 防災格言)
中井久夫(1934~ / 精神科医 神戸大学名誉教授 文化功労者)(2020.03.09 防災格言)
田村康二(1935~ / 医師 山梨大学医学部名誉教授)(2012.10.22防災格言)
竹田美文(1935~ / 医学者 国立感染症研究所長)(2009.05.04 防災格言)
ラリー・ブリリアント(1944~ / アメリカ合衆国の免疫学者・医者・慈善活動家)(2020.05.25 防災格言)
岡部信彦(1946~ / 小児科医 国立感染症研究所感染症情報センター長)(2009.02.23 防災格言)マーガレット・チャン(1947~ / 第7代WHO事務局長)(2009.05.01 編集長コラム)
尾身茂(1949~ / 医師 名誉WHO西太平洋地域事務局長 自治医科大学名誉教授)(2020.03.02 防災格言)
本間博彰(1950~ / 児童精神科医 元宮城県子ども総合センター所長)(2014.10.06防災格言)
橋爪誠(1953~ / 医師 九州大学大学院医学研究院 災害・救急医学教授)(2011.06.13 防災格言)
西村秀一(1955~ / ウイルス学者・医師 仙台医療センターウイルスセンター長)(2020.06.01 防災格言)
ジュリー・ガーバーディング(1955~ / アメリカ疾病予防管理センター(CDC)長官)(2009.04.27 防災格言)
ジュリー・ホール(アメリカの医者 WHO中国伝染病担当)(2009.02.02 防災格言)
西村明儒(1961~ / 医師 徳島大学教授)(2009.12.21防災格言)
クリストファー・J・L・マレー(1962~ / アメリカの公衆衛生学者・医師・経済学者 ワシントン大学教授)(2020.12.28 防災格言)
テドロス・アダノム(1965~ / 第8代WHO事務局長)(2020.03.16 防災格言)
李文亮(1986~2020 / 中国・武漢市中心医院の眼科医 新型肺炎で最初に警告を発した医師)(2020.02.17 防災格言)
CDC(アメリカ疾病予防管理センター)感染対策ガイドライン(2007年頃)(2013.12.30 防災格言)
厚生労働省 2007(平成19)年 インフルエンザ総合対策標語(2009.10.26 防災格言)

 

著者:平井敬也(週刊防災格言編集主幹)

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,備蓄,防災グッズ,非常食
みんなの防災対策を教えてアンケート募集中 非常食・防災グッズ 防災のセレクトショップ SEI SHOP セイショップ
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ

人気記事