防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

松下禎二(細菌学者・免疫学者 京都帝大医科大学衛生学教授)の随筆「雨に濡れるな」から風邪にまつわる名言 [今週の防災格言660]

time 2020/08/17

松下禎二(細菌学者・免疫学者 京都帝大医科大学衛生学教授)の随筆「雨に濡れるな」から風邪にまつわる名言 [今週の防災格言660]

『 雨に濡るれば風引くとは親が子をいましむる衛生的金言である。 』

松下禎二(1875~1932 / 医学者 京大教授 政治家・衆議院議員)

格言は随筆「雨に濡れるな」(「衛生百話」(1920年))より。

曰く―――。

《 雨に濡るれば風引くとは親が子を戒(いまし)むる衛生的金言である。裸体のまま濡るれば(冷水浴)皮膚を強固となし、被服のまま濡るれば不健康の基となるとは些と合点し難き様であるが、是れには大(おおい)に理由があるのであって、決して無理な戒めではない、事実の生みたる立派なる金言である。濡た衣服が感冒の原因となることは、其の水分が蒸発するときに方(あた)りて奪却(だっきゃく)せらるゝ体温の量を以て推知することが出来る。即ち水が蒸発するには一定の温を要するのであるから、濡衣(ぬれぎ)が乾燥せんとするときには水分蒸発に必要なる温量(おんりょう)を人体より奪うのである。 》

松下禎二(まつした ていじ)は、明治から昭和初期に活躍した薩摩出身の医学者(専門は衛生学・細菌学・微生物学・免疫学)。ドイツ私費留学を経てまとめられた論文が話題となり、29歳で京都帝国大学医科大学衛生学教授となった人物。医学博士・理学博士。

1875(明治8)年6月21日、鹿児島県高城郡西方村(現・薩摩川内市)の士族・松下文一の次男に生まれる。
1890(明治23)年、第五高等中学校医学部(現・長崎大学医学部)に入学し、1894(明治27)年卒業。1897(明治30)年、ドイツに私費留学しフライブルク大学・ギーセン大学・ハルレ大学・ブレスラフ大学で医学・衛生学・細菌学・物理学・哲学などを学び、医学博士・理学博士の学位を得て明治35(1902)年に帰国。日本でも、枯草熱(花粉症)や結核等の論文により1903(明治36)年に医学博士の学位を得て、同1903(明治36)年10月、急逝した坪井次郎(1863~1903)の後任として京都帝国大学医科大学教授に就任、衛生学教室(講座)を担当し、衛生学・微生物学を講じた。1907(明治40)年には、国際会議に日本代表として出席し、翌1908(明治41)年に正六位に叙される。1913(大正2)年には、理学博士の学位を得て、1916(大正5)年以降は新設された微生物学教室(講座)の初代担当教授となった。
1920(大正9)年、京都帝国大学教授を辞して、第14回衆議院議員総選挙に鹿児島五区から出馬し当選し代議士となり、1932(昭和7)年6月23日58歳没。
著書に『免疫学及び伝染病論』『結核病論』『免疫学講義』『寄生物診断学』『伝染病各論』『新撰生理衛生』など多数。
松下禎二博士
松下禎二博士

■「医者」に関連する防災格言内の記事
西村秀一(1955~ / ウイルス学者・医師 仙台医療センターウイルスセンター長)(2020.06.01 防災格言)
ウォルター・B・キャノン(1871~1945 / アメリカの生理学者・医学博士 ハーバード大学医学部教授)(2020.03.30 防災格言)
マクファーレン・バーネット(1899~1985 / オーストラリアの免疫学者 ノーベル生理学・医学賞)(2020.02.03 防災格言)
エイブラム・カーディナー(心的外傷後ストレス障害(PTSD)を定義した米国の精神科医)(2019.01.21 防災格言)
中井久夫(1934~ / 精神科医 神戸大学名誉教授 文化功労者)(2020.03.09 防災格言)
日野原重明(医師 聖路加国際病院理事長・名誉院長)(2017.07.24防災格言)
本間博彰(児童精神科医・宮城県子ども総合センター所長)(2014.10.06防災格言)
西村明儒(医師 徳島大学教授)(2009.12.21防災格言)
田村康二(医師 山梨大学医学部名誉教授)(2012.10.22防災格言)
橋爪誠 (医師 九州大学大学院医学研究院 災害・救急医学教授)(2011.06.13 防災格言)
川崎富作(小児科医 川崎病を発見)(2009.01.05 防災格言)
日沼頼夫(ウイルス学者 京都大学名誉教授 塩野義製薬副社長)(2020.01.27 防災格言)
北里柴三郎(細菌学者 医学者)(2008.12.15 防災格言)
松下禎二(1875~1932 / 医学者 京大教授 政治家・衆議院議員)(2020.08.17 防災格言)
二木謙三 (内科医・細菌学者)(2016.11.14 防災格言)
浅田一 (法医学者 東京医専教授 長崎医大教授)(2011.10.03 防災格言)
片山国嘉 (法医学者 東京大学教授)(2015.11.16 防災格言)
三宅秀 (医学者・貴族院議員 東京大学名誉教授)(2016.06.20 防災格言)
関東大震災時のアメリカ合衆国赤十字社防災標語(2008.05.19 防災格言)
アンリ・デュナン (国際赤十字創設者)(2011.5.2 防災格言)
佐野常民 (日本赤十字創設者)(2013.02.11 防災格言)
橋本綱常 (医師・陸軍軍医総監 橋本左内の実弟)(2014.05.12 防災格言)
橘南谿 (江戸時代の医師 朝廷医官)(2011.07.04 防災格言)
吉益東洞(江戸時代の漢方医 日本近代医学中興の祖)(2020.05.11 防災格言)
常盤潭北(江戸時代中期の俳人 医者・教育者)(2017.07.03 防災格言)
柳瀬実次郎(小児科医 大阪回生病院長 大阪こども研究会発起人)(2014.09.08 防災格言)
後藤新平 (医師 政治家)(2010.4.26 防災格言)
森鴎外 (作家・医者 医学博士)(2014.11.03 防災格言)
手塚治虫 (漫画家 医学博士)(2013.09.30 防災格言)
秦宗巴(江戸初期の医者 豊臣秀次、徳川家康侍医)(2019.08.05 防災格言)
CDC(米国疾病予防管理センター)感染対策ガイドライン(2013.12.30 防災格言)
厚生労働省 2007(平成19)年 インフルエンザ総合対策標語(2009.10.26 防災格言)
ジュリー・ガーバーディング(アメリカ疾病対策センター(CDC)長官)(2009.04.27 防災格言)
ジュリー・ホール(アメリカの医者 WHO中国伝染病担当)(2009.02.02 防災格言)
李 文亮(1986~2020 / 中国・武漢市中心医院の眼科医 新型肺炎で最初に警告を発した医師)(2020.02.17 防災格言)
ガレノス(AD129頃~AD216頃 / 古代ローマ帝国の医者・哲学者)(2020.02.24 防災格言)
尾身 茂(医師 名誉WHO西太平洋地域事務局長 自治医科大学名誉教授)(2020.03.02 防災格言)
マーガレット・チャン(第7代WHO事務局長)(2009.05.01 編集長コラム)
テドロス・アダノム(第8代WHO事務局長)(2020.03.16 防災格言)
竹田美文(医学者 国立感染症研究所長)(2009.05.04 防災格言)
岡部信彦(小児科医 国立感染症研究所感染症情報センター長)(2009.02.23 防災格言)
ラリー・ブリリアント(1944~ / アメリカ合衆国の免疫学者・医者・慈善活動家)(2020.05.25 防災格言)
ウイリアム・ハスラー(1868~1931 / 医学者 サンフランシスコ市保健委員会委員長)(2020.06.22 防災格言)

 

<防災格言編集主幹 平井 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,備え,備蓄,食糧備蓄,複合災害,マイクロディザスター
非常食・防災グッズ 防災のセレクトショップ SEI SHOP セイショップ
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ