防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

手塚治虫(漫画の神様 代表作「鉄腕アトム」)の随筆「科学の進歩は何のためか」から地球環境問題についての名言 [今週の防災格言667]

time 2020/10/05

手塚治虫(漫画の神様 代表作「鉄腕アトム」)の随筆「科学の進歩は何のためか」から地球環境問題についての名言 [今週の防災格言667]

『 自然への畏怖いふをなくし、傲慢ごうまんになった人類には必ずしっぺ返しがくると思います。 』

手塚治虫(1928~1989 / 漫画家・医学博士 漫画の神様)

格言は未完のまま遺作となった随筆集『ガラスの地球を救え -二十一世紀の君たちへ-』(光文社(カッパ・ハードカバー・シリーズ) 1989年)の「科学の進歩は何のためか」より。

チェルノブイリ原発事故(1986年)、フロンによるオゾン層破壊など、地球上の大気汚染が世界中に広がり、回復不可能なまでに森林が姿を消している現状に対して言及したもの。

曰く―――。

《 SF映画や小説、マンガには核戦争や大気汚染で、人類がついに滅亡する物語は数多くあるけれども、もうフィクションの世界のことではなくなりつつあります。こうなってしまった以上、まだ間に合ううちに言っておきたいやむにやまれぬ気持ちが、ぼくのなかで動いています。

・・・《中略》・・・

科学の進歩は、本来人類に幸福をもたらすはずだったものです。ところが、いまでは地球を痛めつける悪い奴になってしまった。かつて荒唐無稽だと笑われたこともあるぼくのマンガどころの騒ぎではおさまらない。危機的状況といわざるをえません。『鉄腕アトム』で、ガロンというロボットが口から毒ガスを吐き出すのをやめさせるために、ばかな軍人が水爆を使ってガロンを破壊しようとするシーンを描いたことがありましたが、なんと、いまや現実のほうが、マンガの世界を越えてしまっています。

放射能による食物汚染もさることながら、薬品による汚染も相当なものだといわれています。しかも、その理由は大量生産して儲けを多くするためでしかない。そんなばかなことが、えんえんと続けられてきているのです。

生産性を上げるために人類の寿命を縮めるなど、本末転倒もはなはだしいことを否定できる人間はいないにちがいありません。

昭和六十三年に尊敬するウォルト・ディズニーに捧げる『森の伝説』というアニメをつくりましたが、人間が開発と称して森の木を伐(き)っていくのに、森の動物や草木が反乱をおこすという話です。

自然への畏怖をなくし、傲慢になった人類には必ずしっぺ返しがくると思います。いまこそ、全地球的レベルで、超長期的、何百年何千年という視点から、地球を考える必要があるのです。 》

手塚治虫(てづか おさむ)は、『鉄腕アトム』『ジャングル大帝』『リボンの騎士』『どろろ』『火の鳥』『ブラック・ジャック』『三つ目がとおる』『ブッダ』など数々のヒット作で知られる漫画の神様。
1928(昭和3)年11月3日、大阪府豊能郡豊中町(現豊中市)の3人兄弟の長男として生まれ、5歳から兵庫県川辺郡小浜村(現宝塚市)で育つ。1945(昭和20)年、大阪府立北野中学(現北野高校)を卒業すると、戦争体験から生命の尊さを深く知り、医学の道を志し大阪大学付属医学専門部に入学。在学中の1946(昭和21)年に4コマ漫画『マアチャンの日記帳』(『少国民新聞(後の毎日小学生新聞)大阪版』連載)で漫画家デビュー。翌1947(昭和22)年、酒井七馬原案の描き下ろし単行本『新宝島』がベストセラーとなり、1950年代から少年漫画・少女漫画・幼年漫画・大人漫画などに多くの連載を持ち、数々のヒット作を発表。戦後日本のストーリー漫画の礎を築き、日本の漫画・アニメ文化を、1989(平成元)年2月9日に60歳で急逝するまで第一線で牽引し続けた。
手塚治虫
手塚治虫

■「漫画家」「アニメ」に関連する防災格言内の記事
手塚治虫[1] (漫画家・医学博士 代表作「ブラック・ジャック」)(2013.09.30 防災格言)
手塚治虫[2](漫画家・医学博士 漫画の神様)(2020.10.05 防災格言)
やなせたかし (漫画家・絵本作家 代表作「アンパンマン」)(2017.03.13 防災格言)
さいとうたかを (漫画家 代表作「ゴルゴ13」)(2011.02.14 防災格言)
森恒二 (漫画家 代表作「ホーリーランド」)(2014.4.7 防災格言)
真刈信二 (漫画原作者 代表作「勇午」)(2014.07.14 防災格言)
水島爾保布(挿絵画家・日本画家・小説家・随筆家)(2013.12.23 防災格言)
ディズニー・チャンネルのアニメ「なんだかんだワンダー」より(2018.01.29 防災格言)
学研まんが ひみつシリーズ「地震のひみつ」(1983年 学習研究社)より(2015.04.27 防災格言)
曾我廼家五九郎(喜劇俳優 大正時代の浅草の喜劇王)(2010.06.07 防災格言)

■「地球環境問題」
ミハイル・ゴルバチョフ (旧ソビエト連邦最後の共産党書記長)(2008.03.24 防災格言)
コフィー・アナン(国連事務総長(第7代) ノーベル平和賞受賞)(2018.10.08 防災格言)
ワンガリ・マータイ(ケニアの環境保護活動家 ノーベル平和賞)(2013.04.22 防災格言)
ロバート・ボッシュ (ドイツの実業家)(2011.12.12 防災格言)
ヘルムート・トリブッチ (ドイツの自然科学者「動物は地震を予知する」の著者)(2011.10.24 防災格言)
ドナルド・ディングウェル(ドイツの火山学者)(2011.02.07 防災格言)
ギュンター・グラス(ドイツのノーベル賞作家)(2015.04.20 防災格言)
マイケル・ポーラン(ジャーナリスト カリフォルニア大学教授)(2012.09.10 防災格言)
リチャード・ウィルソン(物理学者 ハーバード大学名誉教授)(2015.9.28 防災格言)
今井通子(登山家・医師 東京農業大学客員教授)(2010.02.01 防災格言)
田部井淳子(1939~2016 / 登山家 女性初のエベレスト・七大陸最高峰登頂者)(2019.12.23 防災格言)
岡崎洋(元神奈川県知事)(2009.08.10 防災格言)
伊藤和明(元NHK解説委員)(2009.7.20 防災格言)
明石康(元国連事務次長・NPO日本紛争予防センター会長)(2009.03.30防災格言)
村上処直(都市防災家)(2009.12.07 防災格言)
立松和平(作家)(2010.02.15 防災格言)
手塚治虫[1] (漫画家・医学博士 代表作「ブラック・ジャック」)(2013.09.30 防災格言)
手塚治虫[2](漫画家・医学博士 漫画の神様)(2020.10.05 防災格言)
宇田道隆(海洋物理学者)(2017.08.14 防災格言)
松永安左エ門 (実業家)(2012.08.13 防災格言)
高橋裕(河川工学者 東京大学名誉教授)(2017.06.12 防災格言)
下河辺淳(建設官僚・都市計画家国土庁事務次官)(2018.04.23防災格言)
野中広務(政治家・衆議院議員)(2018.02.12 防災格言)

 

<防災格言編集主幹 平井 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,危機管理,非常食,防災グッズ,水害
非常食・防災グッズ 防災のセレクトショップ SEI SHOP セイショップ
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ