防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

アンソニー・ファウチ博士の新型コロナウイルス感染症についての名言(医師 アメリカ国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)所長)[今週の防災格言760]

time 2022/08/01

アンソニー・ファウチ博士の新型コロナウイルス感染症についての名言(医師 アメリカ国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)所長)[今週の防災格言760]


『 このウイルスがいつの間にか消え去ることは無い。 』

 

アンソニー・ファウチ(1940~ / 医師 アメリカ国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)所長)

 

格言は、2020年5月12日、ワシントンの上院議会に招聘されたアメリカ国立アレルギー・感染症研究所のファウチ所長が「新型コロナウイルスは消滅するでしょうか?」の質問に答えた際の言葉。

曰く―――。

何度も言ったことだが、このウイルスがいつの間にか消え去ることはないでしょう。
それほど感染力が強いからで、仮に一旦制御できたとしても、いずれは地球上の何処からかまた戻ってくるでしょう。

And as I’ve said publicly many times, that is just not going to happen because it’s such a highly transmissible virus, and even if we get better control over the months it is likely that there will be virus somewhere in this — on this planet that will eventually get back to us.

 

アンソニー・S・ファウチ(Dr. Anthony Stephen Fauci)博士は、1984年にアメリカ国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)所長に就任して以降、歴代7政権でアメリカ合衆国における医療顧問トップ(首席医療顧問)として感染症対策に携わり、感染症における米国の第一人者として知られる人物。

共和党のトランプ政権時代となる2020年にパンデミック(世界大流行)が宣言されると、マスク着用の是非などを巡ってトランプ大統領と対立しながらもマスク着用やワクチン接種、社会的距離の確保などの政策立案を推し進め「新型コロナウイルス対策の顔」として有名となった。

パンデミック初期から一貫し、人類は当面は新型コロナと共存せざるを得ない、との認識を示してきたが、新型コロナの「中国ウイルス研究所由来説」が話題になると、中国における「ウイルス研究」を自身が率いる「米国立衛生研究所(NIH)」を通じ「資金援助」していた疑惑が度々報じられることになり、その度に自らの関与を否定している。

2022年6月15日、ワクチンの通常接種に加え、二度の追加接種(ブースター接種)を完了していたものの、自身が新型コロナウイルスに感染し、復帰後の6月28日にはまた再感染するなど、81歳と高齢であることなどから体調の衰えが指摘されていた。
2022年7月18日には、「新型コロナウイルスがなくなってから辞めると言うと、私は105歳になってしまう」と述べて、自身の進退について、民主党のバイデン大統領の任期である2025年1月までに退任する意向を表明している。

1940年12月24日、ニューヨーク市ブルックリン区生まれ。
ニューヨークのレジス高校、ホーリークロス大学を経て、コーネル大学医学部(Weill Cornell Medicine)に進学し、1966年に首席卒業し、医学博士号を取得。
1968年、国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)に入所し、1980年に免疫調節研究所長、1984年よりNIAID所長に就任し、以降(2022年現在)も現職。HIV(AIDS)とその他免疫不全の研究で、アルバート・ラスカー医学研究賞(2007年)、ロベルト・コッホ賞金メダル(2013年)、ガードナー国際保健賞(2016年)など受賞多数。


photo by wikipedia.






■「パンデミック」「スペイン風邪」「コロナパンデミック」「感染症」に関連する防災格言内の記事
下村海南(下村宏)[2](肺結核について 官僚政治家・歌人)(2020.04.13 防災格言)
大隈重信 (佐賀藩士・早稲田大学創立者)(2010.09.27 防災格言)
渋沢栄一[1] (幕臣・日本資本主義の父)(2013.03.18 防災格言)
渋沢栄一[2](幕臣 官僚・実業家・教育者 日本資本主義の父)(2019.07.15 防災格言)
後藤新平 (政治家)(2010.4.26 防災格言)
寺田寅彦「ものをこわがらな過ぎたり、こわがり過ぎたりするのはやさしいが、正当にこわがることはなかなかむつかしい。」(2009.3.2 防災格言)
ガレノス(古代ローマ帝国の医者・哲学者)(2020.02.24 防災格言)
バルダッサーレ・ボナイウティ(フィレンツェの歴史家)(2020.02.10 防災格言)
ジョヴァンニ・ボッカチオ(フィレンツェの詩人・散文作家 「デカメロン」著者)(2010.11.15 防災格言)
村上陽一郎(科学史家 東京大学名誉教授「ペスト大流行」より)(2015.06.29 防災格言)
日沼頼夫(ウイルス学者 京都大学名誉教授 塩野義製薬副社長)(2020.01.27 防災格言)
アルフレッド・W・クロスビー(アメリカの歴史学者)(2014.07.28 防災格言)
マクファーレン・バーネット(オーストラリアの免疫学者 ノーベル生理学・医学賞)(2020.02.03 防災格言)
ポール・クルーグマン(1953~ / アメリカの経済学者・コラムニスト ノーベル経済学賞(2008年))(2021.01.11 防災格言)
川崎富作(小児科医 川崎病を発見)(2009.01.05 防災格言)
北里柴三郎(1853~1931 / 細菌学者 医学者 「日本の細菌学の父」)(2008.12.15 防災格言)
二木謙三 (内科医・細菌学者)(2016.11.14 防災格言)
竹田美文(医学者 国立感染症研究所長)(2009.05.04 防災格言)
岡部信彦(小児科医 国立感染症研究所感染症情報センター長)(2009.02.23 防災格言)
田尻稲次郎[1](法学者・東京市長・専修大学創立者)(2008.12.22 防災格言)
田尻稲次郎[2](法学者・東京市長・専修大学創立者)(2008.12.29 防災格言)
与謝野晶子(歌人 スペイン風邪についての随筆)(2020.03.23 防災格言)
村山槐多(洋画家・詩人 スペイン風邪により夭逝)(2022.02.07 防災格言)
尾身 茂(医師 名誉WHO西太平洋地域事務局長 自治医科大学名誉教授)(2020.03.02 防災格言)
マーガレット・チャン(第7代WHO事務局長)(2009.05.01 編集長コラム)
ジュリー・ホール(アメリカの医者 WHO中国伝染病担当)(2009.02.02 防災格言)
ジュリー・ガーバーディング(CDC長官)(2009.04.27 防災格言)
テドロス・アダノム(第8代WHO事務局長)(2020.03.16 防災格言)
李 文亮(中国・武漢市中心医院の眼科医 新型肺炎で最初に警告を発した医師)(2020.02.17 防災格言)
厚生労働省 2007(平成19)年 インフルエンザ総合対策標語(2009.10.26 防災格言)
CDC(米国疾病予防管理センター)感染対策ガイドライン(2013.12.30 防災格言)
吉益東洞(1702~1773 / 江戸時代の漢方医 日本近代医学中興の祖)(2020.05.11 防災格言)
ラリー・ブリリアント(1944~ / アメリカ合衆国の免疫学者・医者・慈善活動家)(2020.05.25 防災格言)
西村秀一(1955~ / ウイルス学者・医師 仙台医療センターウイルスセンター長)(2020.06.01 防災格言)
ウイリアム・ハスラー(1868~1931 / 医学者 サンフランシスコ市保健委員会委員長)(2020.06.22 防災格言)
フランシス・ラッセル(1910~1989 / アメリカの伝記作家・歴史家・郷土史家)(2020.04.06 防災格言)
ジャレド・ダイアモンド(1937~ / アメリカの人類生態学者 カリフォルニア大学ロサンゼルス校教授)(2021.01.04 防災格言)
石原 修(1885~1947 / 衛生学者・医学博士 日本産業医学の先駆者 大阪帝国大学教授)(2021.02.15 防災格言)
原栄(蒲生紫川)(1879~1942 / 医師・医学博士 夏目漱石門下の俳人 結核のサナトリウム療法を日本に紹介)(2021.06.14 防災格言)
アンソニー・S・ファウチ(1940~ / 医師 アメリカ国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)所長)(2022.08.01 防災格言)

 

著者:平井敬也(週刊防災格言編集主幹)

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,備蓄,防災グッズ,非常食
みんなの防災対策を教えてアンケート募集中 非常食・防災グッズ 防災のセレクトショップ SEI SHOP セイショップ
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ

人気記事