防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

サー・ジョン・ベディントン教授(福島第一原発事故当時の英国政府首席科学顧問で英国政府緊急時科学諮問委員会(SAGE)委員長を務めた人物)の東日本大震災への政府対応の教訓についての名言 [今週の防災格言691]

time 2021/03/22

サー・ジョン・ベディントン教授(福島第一原発事故当時の英国政府首席科学顧問で英国政府緊急時科学諮問委員会(SAGE)委員長を務めた人物)の東日本大震災への政府対応の教訓についての名言 [今週の防災格言691]

『 最も明確な教訓は、あらゆるシナリオでリスクを検討し、そのうちのいくつかを実行に移す必要があるということです。常にできることはたくさんあるのです。 』

“ Absolutely, the clearest lesson of all of this — is that one needs to look at the risks in terms of a whole range of scenarios and then exercise a number of them. There is always more that can be done. ”

サー・ジョン・ベディントン(1945~ / 元英国政府首席科学顧問 オックスフォード大学マーティンスクール上級顧問・教授)

格言は、2020年12月9日開催の英国議会「リスク評価・リスク計画委員会選定委員会(Select Committee on Risk Assessment and Risk Planning):リスクアセスメントとリスク計画」議事録より。

曰く――――。

《 福島原発とその余波への対応は、まずまずの出来だったと思います。
まず、いろいろな情報源をあたって情報を得なければならず、私が結成したSAGE委員会がその役目を果たしました。そして、特定の原子炉に、どれだけの放射性物質があるのかを知ることができました。また、水素爆発後に放射性物質がどのくらい拡散したかも、十分な推定値を得ることができました。さらに、日本の気象庁から4時間ごとの天気予報を得られたので、それらのアドバイスを提供することもできました。

・・・(中略)・・・

私たちは、首相や内閣から投げかけられた質問に答えるための科学的評価を行うことができました。それは基本的には、日本にいる英国民を避難させるべきか、英国大使館を東京から移設させるべきか、といった事柄であり、それらについてSAGEから助言を与えたのです。

私たちの導き出した見解は、合理的に考えられる最悪のケースであっても、基本的に心配するほどの放射能量ではなく、結論として、自国民を避難させたり、大使館を移動させる必要はない、というもので、SAGE委員会からの明確なアドバイスとして提出されました。

しかし、いくつか問題も発生しています。
私たちが内閣への助言を準備していたその日に、フランス政府が、日本から全職員の避難を決定したのです。フランス政府の動きに関連して、私は当時の閣僚や首相からかなりの数の質問を受けましたが、私どもの行ったアドバイスは基本的に正しかったと断言できます。

当時の駐日大使であるデビッド・ウォーレン氏に相談したところ、彼は、大使館に電話をかけてきた人たちを対象に質疑応答を行うことを提案してくれました。
私は、そのうち四回の企画に関わり、保健省、食品基準局、放射性物質の爆発モデル化に携わる人たちをこの質疑応答に参加させることで、ほとんど全ての疑問に回答を行い、その質疑応答内容は、すぐに大使館が翻訳して公表するようにしたのでした。

このようにして、事故当時の日本人らは、英国から独立した科学的アドバイスを受けることができたのです。これは、その当時、福島の被害を憂慮する報道が数多くなされていたこととは対照的です。これが功を奏したのだと思っています。 》

サー・ジョン・ベディントン教授(Professor Sir John Beddington)は、再生可能資源の持続可能な管理に関する生物学と経済学の専門家で、英国政府、欧州委員会、国連環境計画・食糧農業機関などの世界の主要機関において、漁業の開発・管理に関する上級顧問を務める人物。
特に、2011年3月の福島第一原発事故(東日本大震災)当時に英国政府首席科学顧問を務め、英政府・英首相らの危機対応に対する数々の助言を行ったことで世界的に知られる。

事故当時、英政府内ではベディントン教授を委員長とする緊急時科学諮問委員会(SAGE = Science Advisory Group in Emergencies)が召集され、専門家らの科学的根拠に基づいた政府の統一的な指針が決定された。
この時の「東京は安全なので(在日英国人の)避難は必要ない」「窓を閉めて屋内にいれば神経質になることはない」など分析結果は、即時にソーシャルメディアなどを通じて公開された。事故直後の情報が錯綜するなか、これらの情報は、英国民だけでなく、日本政府の対応にも多大な影響を与えた。ベディントン教授の科学的貢献に対し、日本政府は2014年7月に「旭日中綬章」を授与された。

1945年10月13日生まれ。イギリス国境に近い南東ウェールズのモンマス・スクールで学び、その後、ロンドン大学・スクール・オブ・エコノミクスに入学し、1967年に経済学理学士、1968年に理学修士号を取得。1968年から1971年まで、エジンバラ大学の研究助手を経て、1971年から1984年まで、ヨーク大学で集団生物学の講師となり、1984年からインペリアル・カレッジ・ロンドンで応用人口生物学の教授を務める。
2008年から2013年までゴードン・ブラウン首相のもと英国政府首席科学顧問に就任し、福島第一原子力発電所事故、アイスランド火山噴火、英国のトネリコ病(苗木感染)などの災害対策への英国政府対応の策定に深く関わった。その後、2013年から2018年まで、オックスフォード大学マーティン・スクールの上級顧問を務めた。
主な受賞に、ハイデルベルグ環境賞(1997年)、英国王立協会フェロー(2000年)、エリザベス2世から聖ミカエル・聖ジョージ勲章(CMG)(2004年)、英国騎士学士(Knight Bachelor)(2010年)、エジンバラ王立協会フェロー(2011年)、英国王立工学アカデミー名誉フェロー(2012年)。

Professor Sir John Beddington, 2012 photo by Wiki.

■「ジョン・ベディントン卿」「イギリス人」に関連する防災格言内の主な記事
ゴードン・ブラウン (英国労働党党首 第74代イギリス首相)(2008.06.23 防災格言)
バジル・ホール・チェンバレン(イギリスの日本語学者 東京大学名誉教授)(2015.06.15 防災格言)
チャールズ・ダーウィン(イギリスの自然科学者 進化論で著名)(2014.04.21 防災格言)
ウィンストン・チャーチル (イギリス首相)(2008.08.18 防災格言)
キャサリン・サンソム (駐日イギリス外交官夫人)(2013.01.07 防災格言)
サミュエル・スマイルズ(イギリスの作家)(2010.09.13 防災格言)
ロバート・ベーデンパウエル卿 (イギリスの軍人 スカウト運動提唱者)(2008.05.26 防災格言)
マーシャル・マーテン (横浜市ゆかりの英国人貿易商)(2014.06.23 防災格言)
クエンティン・クリスプ (イギリスの作家・役者 ゲイカルチャーの先駆者)(2015.02.09 防災格言)
ベンジャミン・ディズレーリ (ビクトリア期のイギリス首相 伯爵)(2010.05.17 防災格言)
ジョン・レノン (イギリスの歌手 “The Beatles”メンバー)(2010.12.06 防災格言)
ジョン・ワイズマン (英国のサバイバリスト 元SASサバイバル指導教官)(2017.02.20 防災格言)
キャヴェンディッシュ一族の家訓(イギリス貴族)(2011.11.21 防災格言)
アレクサンダー・グラハム・ベル(電話の発明で知られる科学者)(2018.03.12 防災格言)
リンドハースト卿(英国の法律家 初代リンドハースト男爵)(2018.05.07 防災格言)

■「東日本大震災」に関連する防災格言内の記事
渡辺利夫(1939~ / 経済学者 拓殖大学総長(第18代)・学長 東京工業大学名誉教授)(2020.12.07 防災格言)
明仁上皇陛下(第125代天皇 在位:平成(1989~2019年))(2019.05.06 防災格言)
ドナルド・キーン(アメリカ出身の日本文学・日本文化研究者)(2019.04.22 防災格言)
柴田トヨ(詩人 代表作「くじけないで」(2010年))(2019.03.25 防災格言)
柳田邦男[2](ノンフィクション作家 元NHK記者・解説委員)(2019.03.18 防災格言)
日野原重明 (医師 聖路加国際病院理事長・名誉院長)(2017.07.24 防災格言)
ジョン・V・ルース(駐日アメリカ合衆国大使(第28代))(2018.04.02 防災格言)
チャールズ・カスト (元米原子力規制委員会地域センター長)(2017.2.6 防災格言)
君塚栄治 (陸上幕僚長 東日本大震災時の東北方面総監)(2016.03.14 防災格言)
廣井悠 (都市工学者)(2012.03.12 防災格言)
国土交通省東北地方整備局「災害初動期指揮心得(2013年3月)」(2015.03.09 防災格言)
高知県黒潮町「南海トラフ地震・津波の防災計画基本理念(2012年)」(2016.03.07 防災格言)
「津波避難のたすとひく」静岡県警の津波避難啓発標語(2014.11.10 防災格言)
昭和八年三月三日 大海嘯記念碑(大槌町 昭和9年建立)(2011.11.07 防災格言)
南海トラフ巨大地震対策検討ワーキンググループ報告書(2013年5月)(2013.06.24 防災格言)
イタリア トーレ・デル・グレコ市モットー(Torre del Greco’s motto)(2013.03.11 防災格言)
坂 茂 (建築家 プリツカー賞受賞(2014年))(2016.03.21 防災格言)
李登輝 (元・台湾総統)(2015.07.13 防災格言)
ケリー・シー (アメリカの地震学者)(2015.02.02 防災格言)
本間博彰 (児童精神科医・宮城県子ども総合センター所長)(2014.10.06 防災格言)
村井嘉浩 (宮城県知事)(2013.10.14 防災格言)
石原信雄 (官僚 元内閣官房副長官)(2013.10.21 防災格言)
丸茂湛祥 (日蓮宗僧侶)(2013.08.05 防災格言)
ワンガリ・マータイ (ケニアの環境保護活動家 ノーベル平和賞)(2013.04.22 防災格言)
谷川浩司 (将棋棋士 永世名人)(2013.03.04 防災格言)
堤清二(作家 辻井喬 元セゾングループ代表)(2013.12.02 防災格言)
伊集院静 (作家)(2012.02.27 防災格言)
都司嘉宣(地震学者)(2013.03.25 防災格言)
漫画家 やなせたかし(2017.03.13 防災格言)
脚本家 市川森一(2017.03.20 防災格言)
政府の中央防災会議「災害時の避難に関する専門調査会報告書(2012年3月)」より(2018.02.26 防災格言)
江崎玲於奈(横浜薬科大学学長 ノーベル物理学賞(1973年))(2018.03.19 防災格言)
亀井利明(関西大学名誉教授 日本リスクマネジメント学会創設者)(2019.03.04 防災格言)
緒方貞子(国際政治学者・元国連難民高等弁務官 元国際協力機構(JICA)理事長)(2019.11.18 防災格言)
田部井淳子(登山家 女性初のエベレスト・七大陸最高峰登頂者)(2019.12.23 防災格言)
小倉和夫(1938~ / 外交官 元韓国大使・フランス大使 青山学院大学教授)(2021.02.01 防災格言)

 

<防災格言編集主幹 平井 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,防災グッズ,非常食,災害対策
非常食・防災グッズ 防災のセレクトショップ SEI SHOP セイショップ
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ