防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

若狭得治が『福田浩丈の問答有用』に遺した格言(全日本空輸名誉会長)[今週の防災格言348]

time 2014/08/11

若狭得治が『福田浩丈の問答有用』に遺した格言(全日本空輸名誉会長)[今週の防災格言348]


『 安全性をまず第一に考えないといけない。しかし、何万時間、無事故できたなんて人前でいうことでもない。 』

若狭得治(1914〜2005 / 運輸官僚・実業家 全日本空輸名誉会長)

曰く―――。

結婚式とかいろいろな会や式典で、社員が「全日空は何万時間無事故できました」とか言うでしょう。その事実はたしかに涙がでるほどうれしいんですが、そんなこと人前でいわんでくれ、と。

格言は「福田浩丈の問答有用(健康開発事業団 1999年)」より。

若狭得治(わかさ とくじ)は、運輸官僚、全日本空輸副社長・社長・会長・名誉会長を歴任した富山県出身の実業家。富山県立砺波中学(現砺波高等学校)、富山高校学校(現富山大学)を経て、東京帝国大学法学部に入学。
1938(昭和13)年に大学を卒業後、逓信省(現運輸省)に入省。運輸省海運総局日本海事務局輸送課長、大臣官房企画課長、神戸海運局長、灯台部長、海運局長などを経て、1965(昭和40)年、運輸事務次官となる。
運輸官僚として海運再編、国鉄運賃値上げ問題の処理、船員ストの調停など戦後の難問題を担当したほか、日米航空協定の改定、日ソ航空協定の締結、新成田空港公団の設立などに功績を残し、1967(昭和42)年に退任。
1969(昭和44)年、全日空顧問として招聘され、1970(昭和45)年社長に就任すると、全日空の国際線進出を実現させ、同時にホテル事業を展開するなど経営の多角化をはかり「全日空中興の祖」と呼ばれた。しかし、1976(昭
和51)年に新型ジェット旅客機の選定をめぐり「ロッキード事件」が発覚。贈賄罪での起訴は時効により見送られたが、外国為替管理法違反、議院証言法違反で逮捕起訴され、1992(平成4)年最高裁判所で懲役3年、執行猶予5年の有罪判決。その後も長く日本航空業界の実力者として活躍。1976(昭和51)年全日空会長、1991(平成3)年名誉会長、1996(平成8)年日本航空協会会長。1997(平成9)年相談役に退き、1998(平成10)年より常勤顧問となる。2005(平成17)年12月27日、肺炎により都内の病院で死去。91歳。

■「若狭得治」に関連する防災格言内の記事
伊藤淳二・カネボウ会長 日本航空会長(2010.01.18 防災格言)
堤清二(作家・辻井喬)・元セゾングループ代表(2013.12.02 防災格言)
坪井 東・三井不動産会長(2012.10.15 防災格言)
児島 仁・NTT社長(2009.02.16 防災格言)
関本忠弘・NEC会長(2012.10.01 防災格言)
福原義春・資生堂名誉会長(2012.01.09 防災格言)
中内 功・ダイエー創業者(2009.09.07 防災格言)
本田宗一郎・ホンダ創業者(2012.12.31 防災格言)
秋山富一・住友商事会長(2013.09.02 防災格言)
渡辺文夫・東京海上火災保険会長(2013.11.25 防災格言)
加納時男・元東京電力副社長(2008.06.09 防災格言)
浜口梧陵・ヤマサ醤油第7代目社長(2007.12.24 防災格言)
領木新一郎・大阪ガス元会長(2008.11.03 防災格言)
久我 徹・博報堂関西支社長(2009.04.06 防災格言)
平生釟三郎・川崎重工業社長(2009.11.02 防災格言)
横河民輔・横河グループ創業者(2010.02.08 防災格言)

 

<防災格言編集主幹 平井 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,危機管理
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ