思則有備(しそくゆうび)思えばすなわち備えあり

防災意識を育てるWEBマガジン

『易経 繋辞下伝』に記されている格言(紀元前5世紀ごろ)[今週の防災格言104]

time 2009/11/09

『易経 繋辞下伝』に記されている格言(紀元前5世紀ごろ)[今週の防災格言104]


『 安くして危うきを忘れず(安而不忘危)
存して亡ぶるを忘れず(存而不忘亡)
治まりて乱るるを忘れず(治而不忘乱)』

易経 繋辞下伝より(作者不明 / 孔子(紀元前500年頃)とする説もある)

「安泰な時であっても危機を忘れず、存続している時も亡びる事を忘れず、治まっている時も乱れる事を忘れない(平時に乱を忘れず)」つまり「平和な時でも、万一の時を考え、備えを怠らない事(油断してはいけない)」という意味。以前紹介した平時からの備えの重要性を説いた春秋左氏伝の「安きにありて危うきを思う(居安思危)」の類例とされる中国故事である。
出典は、儒教の聖典のひとつ『易経(えききょう)』の概論『繋辞伝(けいじでん)下』より。易という占いは、紀元前2700年頃の伝説の聖人・伏羲(ふつき)帝が基本となる「八卦」を作り、紀元前1000年頃の周の時代に体系化され完成したとされるもの。

■「易経 繋辞下伝」に関連する防災格言内の記事
安きにありて危うきを思う(居安思危)備えあれば憂いなし(有備無患)(2008.11.10 防災格言)
易経 繋辞下伝「安くして危うきを忘れず(安而不忘危)」(2009.11.9 防災格言)
「人、遠慮なければ、必ず近憂あり(無遠慮、必有近憂)」(2009.1.12 防災格言)
苛政猛於虎也(苛政は虎より猛なり)(2005.4.13 編集長コラム)
安くして危きを忘れざるは、古の炯誡なり(安不忘危、古之炯誡也)(2011.09.05 防災格言)
前慮ぜんりょさだまらずんば、後に大患たいかん有り(前慮不定、後有大患)(2015.12.14 防災格言)
いたってのちおそるるは、まことらず(禍至後懼、是誠不知)(2015.12.28 防災格言)
前事ぜんじわすれざるは、後事こうじなり。(前事之不忘、後事之師也)(2016.01.11 防災格言)

 

<防災格言編集主幹 平井 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,危機管理
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ