防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

軍記物語『保元物語』に書かれた格言(鎌倉時代中期)[今週の防災格言380]

time 2015/03/23

軍記物語『保元物語』に書かれた格言(鎌倉時代中期)[今週の防災格言380]


『 人間はこれ生死しょうじ無常むじょう芭蕉ばしょう泡沫ほうまつのさかひ。 』

保元物語(作者未詳 鎌倉時代中期(1219〜1222年頃?)の軍記物語)より

「人間」は、人のすむ世界のこと。
「芭蕉」は、破れやすい芭蕉の葉。
「泡沫」は、すぐに消えてしまう水の泡で「はかない」事の例え。
「さかひ」は、区域の意味。

平安時代末期。京の都で皇位継承を巡り、後白河天皇方と崇徳上皇方に朝廷が分裂し、肉親同士が相争った「保元の乱(1156年)」。戦に敗れ、讃岐で崩御した崇徳院(崇徳天皇 1119〜1164年)の怨念は、地震・火災・大風となって、京都の人々を悩ませ続け、その後、長く続く動乱の始まりとなったという。

■「保元物語」に関連する防災格言内の主な記事
無住(鎌倉時代の臨済宗僧侶)(2014.08.25 防災格言)
慈円(2014.03.17 防災格言)
宇治拾遺物語より(2014.06.09 防災格言)
兼好法師[1](2010.01.04 防災格言)
兼好法師[2](2012.06.04 防災格言)
鴨長明[2] (平安時代末期の歌人・随筆家)(2012.05.28 防災格言)
鴨長明[1] (平安時代末期の歌人・随筆家)(2008.03.31 防災格言)
平治物語(上巻)より(2009.05.25 防災格言)
楠木正成(2014.03.31 防災格言)
平家物語 巻十二より(2014.02.10 防災格言)
藤原敦光 (平安時代の文章博士)(2011.09.05 防災格言)
眠たいは大事のことぞ(平家物語)より(2013.01.16 編集長コラム)

 

<防災格言編集主幹 平井 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,危機管理
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ