防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

中国の思想家 諸子百家「墨家」の始祖、墨子が遺した格言(紀元前5世紀)[今週の防災格言338]

time 2014/06/02

中国の思想家 諸子百家「墨家」の始祖、墨子が遺した格言(紀元前5世紀)[今週の防災格言338]


安居あんきょなきにあらず、我に安心あんしんなきなり。(比無安居也、我無安心也) 』

墨子(BC470頃〜BC390頃 / 中国の思想家 諸子百家「墨家」の始祖)

口語訳「 安心して居られる場所が無いのではなく、心を安らかにする術を知らないから安居できないのだ。」

足財なきにあらざるなり、われに足心なきなり。(非無足財也、我無足心也)
(財産が足り無いのではなく、足るを知るを心得ていないのだ。)

――と続く。格言は『墨子』巻一『親士』より。

中国大陸で秦、韓、趙、魏、楚、燕、斉などが相争った春秋戦国時代に、博愛・非戦・専守防衛を唱えた史上最大の武装思想家集団が墨子(ぼくし)が興した墨家(ぼっか)である。孔子や孟子、韓非子らの儒者が活躍した同時代に儒家と思想界を二分するほどの巨大勢力を誇った墨家集団は、秦の始皇帝による中華統一を境にして、突如として歴史から忽然と消えてしまう。そのため、始祖・墨子についても、魯に生まれ宋に仕えたということ以外、生没年をはじめ、その生涯について不明点が多い。しかし、墨子の思想は、墨家集団消滅から約2,000年の時を経た清朝末期になって再評価されることとなる。

■「墨子」に関連する防災格言内の記事
安きにありて危うきを思う(居安思危)備えあれば憂いなし(有備無患)(2008.11.10 防災格言)
ことあらかじめすればすなわち、あらかじめせざればすなわはいす(事予則立、不予則廃)(2016.09.26 防災格言)
わざわいのぞみてうれいわするれば、うれいかならこれおよばん。(臨禍忘憂、憂必及之)(2016.6.6 防災格言)
易経 繋辞下伝「安くして危うきを忘れず(安而不忘危)」(2009.11.9 防災格言)
孔子:「人、遠慮なければ、必ず近憂あり(無遠慮、必有近憂)」(2009.1.12 防災格言)
孔子:苛政猛於虎也(苛政は虎より猛なり)(2005.4.13 店長コラム)
天下のわざわいは、多くは隠れてりてにわかに至り~(呂新吾『呻吟語』より)(2013.04.15 防災格言)
前慮ぜんりょさだまらずんば、後に大患たいかん有り(前慮不定、後有大患)(2015.12.14 防災格言)
いたってのちおそるるは、まことらず(禍至後懼、是誠不知)(2015.12.28 防災格言)
前事ぜんじわすれざるは、後事こうじなり。(前事之不忘、後事之師也)(2016.01.11 防災格言)
水をふさぐにみなもとよりせざれば、かならながる(塞水不自其源、必復流)(2016.07.11 防災格言)
墨子「安居あんきょなきにあらず、我に安心あんしんなきなり。」(比無安居也、我無安心也)(2014.06.02 防災格言)
蘇軾「安心は是れ薬、更に方無し。」(安心是薬更無方)(2014.05.19 防災格言)
安くして危きを忘れざるは、古の炯誡なり(安不忘危、古之炯誡也)(2011.09.05 防災格言)

 

<防災格言編集主幹 平井 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,危機管理
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ