防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

里山の名付け親として知られる四手井綱英(1911~2009 / 森林生態学者 京都大学農学部名誉教授)のエッセイ「気象災害について」の名言 [今週の防災格言740]

time 2022/02/28

里山の名付け親として知られる四手井綱英(1911~2009 / 森林生態学者 京都大学農学部名誉教授)のエッセイ「気象災害について」の名言 [今週の防災格言740]


『 全く不思議なことだが、よく知られているように、大きな戦争の後には、集中して大きな気象災害が頻発する。 』

 

四手井綱英(1911~2009 / 森林生態学者 京都大学農学部名誉教授 京都府立大学長)

 

格言は随筆『気象災害について』(初出「砂防法」1993年9月)より。
(出典:エッセイ集「森林 3」(2000年 法政大学出版局))

曰く―――。

“ 全く不思議なことだが、よく知られているように、大きな戦争の後には、集中して大きな気象災害が頻発する。
日露戦争後の明治末期から大正初期にかけても、気象災害が多発し、結果的に森林の荒廃が災害を助長しているというので、官民をあげて造林にはげんだ。同じようなことが第二次大戦後も起こり、やはり同じように戦時中に荒れた森林地帯の造林が極力推奨された。植樹祭も造林推進のために始まったのだ。戦後の気象災害の多発は、試験場(※当時の山林局林業試験場)でも対応にいとまがなく、私たちの風・雪害研究室からも、しばしば応援にかり出された。おかげで山地の山崩れや地すべり跡を全国規模で視察し調査することができたのは、私にとっては大きな経験の蓄積をもたらしてくれた。
その間に得た結果を大きくまとめてみると、如何に記すようなものだった。

a 谷沿いの崩壊は、同時に両岸に生じることはまれだ。これは地層や基岩の成層や節理の傾斜角が主に関係しているらしい。元来、谷は断層に沿って生じるもので、ほとんど常に一方の岸が順層になっていれば、他方は逆層だ。逆走斜面は急峻だから、絶えず表土は崩落しているが、豪雨災害時に大きな崩壊は生じない。大きな崩壊の起こるのは順層面で、平時はびくともしないが、豪雨や長雨で、表層の全土層が水で飽和されると、支持力が激減し、長年にわたって蓄えられていた位置エネルギーが一挙に放出され、大きな地すべりや大崩壊が生じる。

b 豪雨が続くと、地すべりや大崩壊の生じる山腹は、土層が厚いせいもあって、造林地に変わっている所が多く、その植林木も一般には生長が良い。つまり優秀な造林地になっている所が多い。造林地のほとんどすべてが、二、三の有用針葉樹の一斉単純林だから、根の層の厚さはせいぜい五、六〇センチにすぎない。しかも面的には互いに細根が網の目のように複雑にからみあっているので、豪雨により表土層が飽和状態になると、面としての広い範囲が、立木もろともすべってしまい、植林のない個所より広い地すべりが生じるようだ。この点、天然生の広葉樹林は比較的杭根(※くいね)が発達しているらしく、植林地に比べ地すべりなどを起こしにくいようだ。
さらに古い地すべり跡地には、優良造林地が多い。これは地すべりにより、土層が動いて破砕されるため、多孔質になり、水の浸透も保留も良くなるからだろう。

c 太平洋側の山地では、前線性の豪雨も台風性の豪雨も生じ、時には双方が重なったり、相前後したりして生じるが、ごく大ざっぱに見ると、前線性の豪雨の時には東西に流れる河川に水害が生じ、台風性の豪雨の時には南北に流れる河川が危険だ。 ”

 

四手井綱英(しでい つなひで)は、京都生まれ京都育ちの森林生態学者。日本の原風景であり、人と自然が共生し、薪炭や堆肥などの供給源となる「里地里山」の有機物の生産・消費・分解・再生という循環システムを研究し「里山」の生態学的な概念を定義付けた人物。「里山の名づけ親」「里山の発案者」とも呼ばれ、 早くから、林業政策上で木材生産を第一の目的とする森づくりは環境破壊に直結すると主張し、定年退職後は森林の保護問題に心をそそぎ、97歳で亡くなるまで、森林と人、雪、山に関する数多くの著述を遺した。

四手井家は戦国時代の武士の流れを汲む旧家で、長兄・綱正(1895~1945)は帝国陸軍中将(台北で戦死)、次兄の綱彦(1905~1979)は物理学者(京都大学教授)がいる。
また、妻の四手井淑子(よしこ / 1917~2020)も、主婦業の傍ら在野のキノコ研究家として知られた。

1911年(明治44年)11月30日、京都山科村厨子奥尾上町(現・京都市山科区)の教員・四手井彦四郎の五人兄姉の末子で三男に生まれる。地元山科の小学校、京都市の京都一中(後の府立洛北中学・高校)、京都一中補習科、第三高等学校(後の京都大学)を経て、1937年(昭和12年)京都帝国大学農学部林学科を卒業。
1937年(昭和12年)山林局(現・林野庁)秋田営林局本荘営林署で造林の主査(現・課長)を勤め、間もなく、山林局秋田営林局造林課に転出。
戦時中は2回召集され6年間を軍で過ごした。前半は農林省山林局(本省)で内地勤務、後半は中国大陸に従軍し、米軍の空爆で重傷を負い入院、最後1年間は30万人の復員兵の仕事に従事したという。
敗戦後の1946年(昭和21年)農林省林業試験場(現・森林総合研究所)に移り、雪害研究室長として山形県北端の多雪地である釜淵分場長として赴任し雪害研究を担当。その後、気象災害科長を勤めたのち、1954年(昭和29年)12月、京都大学農学部林学科教授に転じ森林生態学講座を受け持った。以降20年間教授を務め、1975年(昭和50年)京都大学を定年退官し名誉教授となる。
1976年(昭和51年)日本モンキーセンター所長を5年勤め、1980年(昭和55年)京都府立大学学長を6年間勤務。定年退職後は森林の保護問題に心をそそぎ、文化庁審議員や、京都府、京都市の自然環境委員を25年にわたって務めた。
2009年(平成21年)11月26日、肺炎により死去。97歳。叙正四位追贈。勲二等瑞宝章受章(1986年)、南方熊楠賞受賞(1998年)。

趣味は登山で、幼少期から近隣の山野をめぐり、中学1年生から登山好きとなり、高校も大学も山岳部に所属、大学では探検部部長、京大学士山岳会で会長を務め、教授時代には探検部の顧問となった。








■「地球環境問題」に関連する防災格言内の記事
ゲーテ(1749~1832 / ドイツの文豪・自然科学者・法律家)(2013.11.18 防災格言)
チャールズ・ダーウィン(1809~1882 / イギリスの自然科学者 進化論で著名)(2014.04.21 防災格言)
ロバート・ボッシュ(1861~1942 / ドイツの実業家 自動車部品メーカー・ロバート・ボッシュの創立者)(2011.12.12 防災格言)
宇田道隆(1905~1982 / 海洋物理学者・歌人 東京水産大学名誉教授)(2017.08.14 防災格言)
高橋喜平(1910~2006 / 雪氷学者・雪崩研究家 エッセイスト)(2022.01.10 防災格言)
四手井綱英(1911~2009 / 森林生態学者 京都大学農学部名誉教授 京都府立大学長)(2022.02.28 防災格言)
クルト・ワルトハイム(1918~2007 / オーストリア大統領 国連事務総長(第4代))(2019.11.04 防災格言)
下河辺淳(1923~2016 / 建設官僚・都市計画家 国土庁事務次官)(2018.04.23防災格言)
司馬遼太郎(1923~1996 / 小説家・ノンフィクション作家・評論家)(2015.01.12 防災格言)
野中広務(1925~2018 / 政治家・衆議院議員(7期) 内閣官房長官(第63代))(2018.02.12 防災格言)
リチャード・ウィルソン(1926~ / 物理学者 ハーバード大学名誉教授)(2015.9.28 防災格言)
ギュンター・グラス(1927~2015 / ドイツのノーベル賞作家 代表作『ブリキの太鼓』)(2015.04.20 防災格言)
高橋 裕(1927~2021 / 河川工学者 東京大学名誉教授)(2017.06.12 防災格言)
手塚治虫[1] (1928~1989 / 漫画家・医学博士 代表作「ブラック・ジャック」)(2013.09.30 防災格言)
手塚治虫[2](1928~1989 / 漫画家・医学博士 漫画の神様)(2020.10.05 防災格言)
中西 進(1929~ / 国文学者 大阪女子大名誉教授 文化勲章受章)(2019.04.08 防災格言)
伊藤和明(1930~ / 元NHK解説委員 NPO防災情報機構会長)(2009.7.20 防災格言)
真鍋淑郎(1931~ / 米国の気象学者 米プリンストン大学上席研究員 ノーベル物理学賞(2021年))(2021.10.18 防災格言)
明石 康(1931~ / 元国連事務次長 NPO日本紛争予防センター会長)(2009.03.30防災格言)
ミハイル・ゴルバチョフ(1931~2022 / 旧ソビエト連邦最後の共産党書記長)(2008.03.24 防災格言)
岡崎 洋(1932~2018 / 大蔵官僚 元神奈川県知事 地球・人間環境フォーラム会長)(2009.08.10 防災格言)
村上處直(1935~ / 都市防災専門家 工学博士 防災都市計画研究所代表)(2009.12.07 防災格言)
コフィー・アナン(1938~2018 / 国連事務総長(第7代) ノーベル平和賞)(2018.10.08 防災格言)
田部井淳子(1939~2016 / 登山家 女性初のエベレスト・七大陸最高峰登頂者)(2019.12.23 防災格言)
ワンガリ・マータイ(1940~2011 / ケニアの環境保護活動家 ナイロビ大教授)(2013.04.22 防災格言)
今井通子(1942~ / 登山家・医師 医学博士 東京農業大学客員教授)(2010.02.01 防災格言)
ヘルムート・トリブッチ(1943~ / ドイツの自然科学者 ベルリン自由大学名誉教授)(2011.10.24 防災格言)
立松和平(1947~2010 / 作家 日本ペンクラブ会員・理事)(2010.02.15 防災格言)
マイケル・ポーラン(1955~ / ジャーナリスト カリフォルニア大学教授)(2012.09.10 防災格言)
ドナルド・ディングウェル(1958~ / ドイツの地球物理学者・火山学者 ミュンヘン大教授)(2011.02.07 防災格言)

■「登山家」「探検家」「冒険家」に関連する防災格言内の記事
河口慧海(1866~1945 / 黄檗宗僧侶 仏教学者 日本人初のチベット入境者)(2011.09.26 防災格言)
結城豊太郎(1877~1951 / 銀行家 大蔵大臣・日本銀行総裁(第15代))(2016.12.05 防災格言)
須川邦彦(1880~1949 / 船乗り 商船学校教授 東京商船学校校長 遭難記「無人島に生きる十六人 」)(2014.07.21 防災格言)
アルフレッド・ウェゲナー(1880~1930 / ドイツの気象学者・地球物理学者 「大陸移動説(1912年)」を提唱)(2021.10.25 防災格言)
東善作(1893~1967 / 世界三大陸単独横断飛行を達成した日本の冒険家)(2010.8.30 防災格言)
西堀栄三郎(1903~1989 / 険家・理学博士 第1次南極越冬隊隊長)(2008.10.20 防災格言)
高橋喜平(1910~2006 / 雪氷学者・雪崩研究家 エッセイスト)(2022.01.10 防災格言)
四手井綱英(1911~2009 / 森林生態学者 京都大学農学部名誉教授 京都府立大学長)(2022.02.28 防災格言)
串田孫一(1915~2005 / 詩人・哲学者・随筆家)(2014.08.04 防災格言)
藤田和夫[1](1919~2008 / 地質学者 理学博士 大阪市立大学名誉教授)(2015.11.09 防災格言)
藤田和夫[2](1919~2008 / 地質学者 理学博士 大阪市立大学名誉教授)(2017.05.08 防災格言)
神沼克伊(1937~ / 地球物理学者・極地探検家 国立極地研究所名誉教授 理学博士)(2018.11.12 防災格言)
横山卓雄[1](1937~ / 地質学者 理学博士 同志社大学名誉教授)(2009.04.20 防災格言)
横山卓雄[2](1937~ / 地質学者 理学博士 同志社大学名誉教授)(2022.01.17 防災格言)
田部井淳子(1939~2016 / 登山家 女性初のエベレスト・七大陸最高峰登頂者)(2019.12.23 防災格言)
今井通子(1942~ / 登山家・医師 東京農業大学客員教授)(2010.02.01 防災格言)

 

著者:平井敬也(週刊防災格言編集主幹)

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,防災グッズ,非常食
みんなの防災対策を教えてアンケート募集中 非常食・防災グッズ 防災のセレクトショップ SEI SHOP セイショップ
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ

人気記事