防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

室井滋が雑誌『VOCE(ヴォーチェ)』の連載エッセイで記した格言[今週の防災格言277]

time 2013/04/01

室井滋が雑誌『VOCE(ヴォーチェ)』の連載エッセイで記した格言[今週の防災格言277]


『 自分自身が想像をめぐらせて万が一に備え、しかもその備え方が息苦しいものであってはいけない。 』

室井 滋(1958〜 / 女優・ナレーター エッセイスト)

室井 滋(むろい しげる)女史は、富山県滑川市出身の女優。早稲田大学社会科学部在学中にシネマ研究会に所属。長崎俊一、大森一樹、山川直人、山本政志、石井聰亙、阪本順治、松岡錠司、緒方明らとともに自主映画で活躍し”自主映画の女王”と呼ばれた。1981(昭和56)年に映画「風の歌を聴け」で銀幕デビュー。1988(昭和63)年のTV番組「やっぱり猫が好き」で一躍人気者となる。映画「居酒屋ゆうれい(1994年)」で報知映画賞最優秀助演女優賞・日本アカデミー賞最優秀助演女優賞・キネマ旬報最優秀助演女優賞・ブルーリボン賞助演女優賞・毎日映画コンクール女優助演賞など受賞。「のど自慢(1999年)」で日本アカデミー賞優秀主演女優賞受賞。著書多数。現在、全国各地で「しげちゃん」絵本トークライブを開催中。

格言は雑誌「VOCE(ヴォーチェ) No.189 2013年5月号(講談社)」連載エッセイ「室井滋のうまうまノート・最終回スペシャル」より。サバイバルフーズのシチューやマウンテンハウス・パスタプリマヴェラを作って食べた感想などが綴られている。

曰く―――。

『 自分自身が想像をめぐらせて万が一に備え、しかもその備え方が息苦しいものであってはいけないと、私は思い直した。大変な時にこそ前向きに! どんな時にでも「ああ、こんなふうい工夫して食べれば美味しい」と感じることが、きっと生きるエネルギーへと転じていくのだ。 このことを肝に銘じ、非常時の食事を選択し、自らもアイディアを持つよう心がけようと思うのであった。 』

■「室井滋」女史に関連する防災格言内の記事
山田洋次 氏(2010.05.24 防災格言)
ダニエル・カール 氏(2008.04.21 防災格言)

 

<防災格言編集主幹 平井 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,危機管理,備蓄食
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ