防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

《新型インフルエンザ書評【6冊目】》岩田健太郎 著「麻疹が流行する国で新型インフルエンザは防げるのか」(亜紀書房 2009年)

time 2009/02/04

《新型インフルエンザ書評【6冊目】》岩田健太郎 著「麻疹が流行する国で新型インフルエンザは防げるのか」(亜紀書房 2009年)

いざその時、私たちは新型インフルエンザを防げるのだろうか?

日本は感染症大国と言われている。日本でも数少ない感染症専門医である著者が、感染症対策における日本の問題点をえぐりとる。





麻疹が流行する国で
新型インフルエンザは防げるのか


おススメ度:★★★★☆

本書を読めば、風邪に抗生物質が効かないこと、それなのに使用することで却って耐性菌を作っていること、医療に100%はないとのリテラシー、ワクチンの正しい使用方法、予防医療の大切さなどに気付かされる。

さて、そんな著者の考える新型インフルエンザ対策の問題点は、何が怖くて何が怖くないのか、正しい認識を持つことと、薬の備蓄や医師の招集などと言ったことでなく、人権問題や倫理問題の議論、社会を維持するための議論の不在、さらに新型インフルエンザに罹ったら、軽傷ならば自宅安静、電話での患者応対等の具体的施策を提案する。

著者は、公衆衛生的にパンデミックを封じ込めるために、為政者の勇気が必要だと言う。いざその時、私たちは新型インフルエンザを防げるのだろうか?

初出:2009年02月04日

          


















非常食・防災グッズ 防災のセレクトショップ SEI SHOP セイショップ
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ