防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

ムスタファ・ケマル・アタチュルク(1881~1938 / トルコ共和国の初代大統領 オスマン帝国軍将軍 トルコ建国の父)の戦争の名言 [今週の防災格言768]

time 2022/09/26

ムスタファ・ケマル・アタチュルク(1881~1938 / トルコ共和国の初代大統領 オスマン帝国軍将軍 トルコ建国の父)の戦争の名言 [今週の防災格言768]


『 国家の命運が危機に瀕しない限り、
戦争は殺人である。 』

“Milletin hayatı tehlikeye maruz kalmadıkça, savaş bir cinayettir.”

 

ムスタファ・ケマル・アタチュルク(1881~1938 / トルコ共和国の初代大統領 オスマン帝国軍将軍 トルコ建国の父)

 

格言は1923年3月16日の演説「アダマ農民に語る(Adana Çiftçileriyle Konuşma)」より。

ケマル・アタチュルク(Mustafa Kemal Atatürk)は、トルコ共和国を樹立させ初代大統領(在任1923~1938)となりトルコを近代国家へと導いた人物。現代トルコの国父(建国の父)で、アタチュルクとは「トルコ人の父」の意味で国民議会によって贈られた姓となる。本名のケマル・パシャの名でも知られる。

1881年5月19日、オスマン帝国領サロニカ(現ギリシャ領テッサロニキ)で税関吏の子として生まれる。1895年セサロニキ軍中学校、1899年モナスティル軍高等学校、1902年陸軍士官学校を卒業。イスタンブール陸軍大学へと進学し、1905年参謀大尉として同大学を卒業。
在学中からオスマン帝国第34代皇帝・アブデュルハミト2世(1842~1918)の専制に反感を抱き、1908年の青年トルコ人革命に参加し、イタリア=トルコ戦争(1911年)、バルカン戦争(1912年~1914年)で活躍。第一次世界大戦(1914年~1918年)ではガリポリ半島に上陸したイギリス・フランス連合軍を撃退し名指揮官として名を轟かせた(ガリポリの戦い)。1918年当時皇太子だった後のメフメト6世(オスマン帝国最後の皇帝(第36代))の訪独に随行し信任を得るが、1918年10月のムドロス休戦協定でオスマン帝国は連合国に降伏、首都イスタンブールは連合国に占領された。
1919年アナトリア支配を目論んだギリシャ軍がトルコ領イズミルに出兵し希土戦争(ギリシャ=トルコ戦争)が勃発すると、アタチュルクは祖国解放戦争を指導し徹底抗戦を行い、東方諸州会議で「国民盟約」を作り、1920年アンカラに第1回トルコ大国民議会を招集させ首班となってトルコ大国民議会政府(アンカラ政府)を結成した。しかしメフメト6世はこれを承認せずアタチュルクを逆賊として死刑宣告する。1922年アナトリアのギリシャ軍を撃退し、イズミル奪還を果たしたアタチュルクは、オスマン帝国の帝政を廃止(スルタン・カリフ制度の廃止)させ、廃帝となったメフメト6世はイギリス軍によりマルタへと亡命することになり、623年間続いたオスマン帝国はこれにより滅亡する。
1923年7月にはセーブル条約(オスマン帝国と連合国の第一次大戦講和条約)を破棄し新たにローザンヌ条約(トルコ共和国と連合国の第一次大戦講和条約)の締結に成功し、治外法権を撤廃、1923年11月にトルコ共和国の建国宣言(トルコ革命)を行い初代大統領に就任。以降大統領に3選し、一党独裁政権のもとで脱イスラム国家化の推進、新民法の採用、アラビア文字の廃止とトルコ文字の制定、民族教育の普及、イスラム諸国初の女性参政権の実現、国家資本主義に基づく経済建設など一連の改革を断行。1934年国民議会によりアタチュルク(トルコ人の父)の称号が贈られた。
1938年11月10日、大統領在職中に肝硬変によりドルマバフチェ宮殿で死去。57歳。トルコでは毎年11月10日午前9時5分のアタチュルクの亡くなった時刻に全ての車両や人々が追悼のために1分間一時停止する。


ケマル・アタチュルク(1881~1938)





■「軍学者」「兵学者」「軍事研究家」に関連する防災格言内の記事
蘇秦(BC5~BC4世紀頃 / 中国戦国時代の政治家・縦横家)(2015.12.14 防災格言)
墨子(BC470頃~BC390頃 / 中国の思想家 諸子百家「墨家」の始祖)(2014.06.02 防災格言)
王莽(BC45~AD23 / 古代中国「新朝」皇帝)の故事成語「酒は百薬の長」(『漢書・食貨志下』より)(2021.12.20 防災格言)
楠木正成(1294~1336 / 鎌倉時代末期・南北朝時代の武将 正一位)(2014.03.31 防災格言)
ニッコロ・マキャヴェッリ(1469~1527 / 中世イタリアの思想家 外交官)(2020.05.18 防災格言)
山鹿素行[1](1622~1685 / 江戸初期の兵学者・儒学者・思想家)(2018.04.16 防災格言)
山鹿素行[2](1622~1685 / 江戸時代前期の兵学者・儒学者・思想家 古学派の祖)(2021.05.10 防災格言)
カール・フォン・クラウゼヴィッツ(1780~1831 / プロイセン王国の軍人・軍学者 『戦争論』著者)(2022.03.14 防災格言)
マシュー・ペリー提督(1794~1858 / アメリカ海軍軍人 東インド艦隊司令長官)(2013.01.07 防災格言)
徳川斉昭(1800~1860 / 幕末の大名・常陸水戸藩主(第9代))(2015.08.17 防災格言)
勝海舟[1](1823~1899 / 江戸・明治の政治家 従五位下・安房守 日本海軍の生みの親 伯爵)(2012.12.03 防災格言)
勝海舟[2](1823~1899 / 江戸・明治の政治家 従五位下・安房守 日本海軍の生みの親 伯爵)(2022.08.29 防災格言)
乃木希典(1849~1912 / 武士・長府藩士 陸軍大将 学習院院長(第10代))(2021.05.03 防災格言)
徳富蘇峰[1](1863~1957 / ジャーナリスト・思想家・評論家・歴史家・随筆家・新聞経営者)(2009.07.27 防災格言)
徳富蘇峰[2](1863~1957 / ジャーナリスト・思想家・評論家・歴史家・随筆家・新聞経営者)(2020.07.13 防災格言)
ムスタファ・ケマル・アタチュルク(1881~1938 / トルコ共和国の初代大統領 オスマン帝国軍将軍 トルコ建国の父)(2022.09.26 防災格言)
毛沢東(1893~1976 / 政治家・軍人・思想家「中華人民共和国の建国の父」)(2012.09.24防災格言)
瀬島龍三(1911~2007 / 伊藤忠商事会長 関東軍作戦参謀・陸軍中佐)(2017.02.13 防災格言)
坂井三郎(1916~2000 / 大日本帝国海軍中尉 零戦パイロット)(2016.10.24 防災格言)
小野田寛郎(1922~2014 / 予備陸軍少尉 元帝国陸軍情報将校)(2014.1.20 防災格言)
伊藤宗一郎(1924~2001 / 陸軍少尉政治家・防衛庁長官)(2013.01.07 防災格言)
吉村昭(1927~2006 / ノンフィクション作家 代表作『関東大震災』『戦艦武蔵』等)(2021.07.19 防災格言)
アルビン・トフラー(1928~2016 / アメリカの作家・未来学者)(2016.7.4 防災格言)
佐々淳行[1](1930~2018 / 作家・評論家 警察官僚・初代内閣安全保障室長)(2008.6.30 防災格言)
佐々淳行[2](1930~2018 / 作家・評論家 警察官僚・初代内閣安全保障室長)(2018.10.15 防災格言)
志方俊之(1936~ / 元自衛隊陸将・北部方面総監)(2010.11.01 防災格言)
柳田邦男[1](1936~ / ノンフィクション作家 元NHK記者・解説委員)(2010.10.04 防災格言)
柳田邦男[2](1936~ / ノンフィクション作家・評論家)(2019.03.18 防災格言)
ジャレド・ダイアモンド(1937~ / アメリカの人類生態学者 カリフォルニア大学ロサンゼルス校教授)(2021.01.04 防災格言)
小川和久(1945~ / ジャーナリスト・軍事アナリスト 危機管理総合研究所長 静岡県立大学特任教授)(2008.02.04 防災格言)
君塚栄治(1952~2015 / 陸上幕僚長東日本大震災時の東北方面総監)(2016.03.14 防災格言)
ハリー・ハリス提督 (1956~ / 米海軍大将 アメリカ太平洋軍司令官)(2017.11.06 防災格言)
番匠幸一郎(1958~ / 元自衛隊陸将・西部方面総監(第35代))(2017.04.03 防災格言)

 

著者:平井敬也(週刊防災格言編集主幹)

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,備蓄,防災グッズ,非常食
みんなの防災対策を教えてアンケート募集中 非常食・防災グッズ 防災のセレクトショップ SEI SHOP セイショップ
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ

人気記事