防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

軍記物語『太平記』に記された楠木正成の遺した格言(南北朝時代の武将)[今週の防災格言329]

time 2014/03/31

軍記物語『太平記』に記された楠木正成の遺した格言(南北朝時代の武将)[今週の防災格言329]


『 事に臨んで恐れ、はかりごとを好んで成すは勇士のする所也。 』

楠木正成(1294〜1336 / 鎌倉時代末期・南北朝時代の武将 正一位)

口語訳『 大事にあたって危険を恐れ、よく智謀をめぐらすことは、勇士のなすべきことである。 』

格言は室町時代の軍記物語(作者不詳)『太平記(南北朝〜室町時代)』巻三より。
中国古典の「論語」述而篇にある「必也臨事而懼、好謀而成者也(必ずや事に臨みて懼(おそ)れ、謀(はかりごと)を好みて成さん者なり)」が出典とも言われている。

楠木正成(くすのき まさしげ)は、皇居前広場に銅像が立てられるほど戦前の道徳教育では忠君愛国の士と称賛される南朝方の英雄。敵方である足利氏(北朝)の視点から描かれた『梅松論(1349年頃)』でも賞賛されるほどの武将でありながら、その出自や前歴はほとんどわかっていない。
河内・和泉を本拠とする悪党(当時の公儀の秩序からはみだした者)の一人で、後醍醐天皇の鎌倉幕府討幕計画に加担し挙兵。幕府の大軍をひきつけ、野伏を駆使したゲリラ戦を行うなど兵法に秀で、足利尊氏、赤松則村、新田義貞、北条高時らと共に討幕を成功に導き、建武の新政(1333年)の立役者として後醍醐天皇の絶大な信任を受けた。1335(建武2)年、足利尊氏らが鎌倉で新政府から離反し、足利軍が京へと迫るとこれを京都から駆逐し、北畠顕家や新田義貞らと一旦は九州へと追ったが、1336(延元元)年、九州で軍勢を整えた足利尊氏・直義らが再び京へ迫ると、敗戦の覚悟で湊川(兵庫県神戸市)で足利軍を迎え撃ち敗死した。

■「楠木正成」に関連する防災格言内の記事
北畠親房 (南北朝時代の公家)(2014.04.14 防災格言)
平家物語 巻十二より(2014.02.10 防災格言)
眠たいは大事のことぞ(平家物語)より(2013.01.16 編集長コラム)
鴨長明「人のいとなみ、皆愚なる中に、さしも危うき京中の家を造るとて、宝を費やし、心を悩ますことは、すぐれてあぢきなくぞ侍る」(2012.05.28 防災格言)
鴨長明「恐れの中に恐るべかりけるは、ただ地震(なゐ)なりけりとこそおぼえ侍(はべ)りしか。」(2008.03.31 防災格言)
兼好法師「徒然草」(2010.01.04 防災格言)
慈円 (鎌倉時代の天台宗僧侶)(2014.03.17 防災格言)

 

<防災格言編集主幹 平井 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,危機管理
非常食・防災グッズ 防災のセレクトショップ SEI SHOP セイショップ
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ