防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

ジョージ・W・ブッシュ(アメリカ合衆国大統領)がスマトラ島沖地震(インド洋大津波)の際に述べた演説から。[今週の防災格言572]

time 2018/12/10

ジョージ・W・ブッシュ(アメリカ合衆国大統領)がスマトラ島沖地震(インド洋大津波)の際に述べた演説から。[今週の防災格言572]

『 個人でできる最も重要な貢献は、現金をだすことである。 』

“The most important contribution a person can make is cash. “

ジョージ・W・ブッシュ(1946~ / アメリカ合衆国大統領(第43代))

2004年12月26日、インドネシアのスマトラ島北西沖のインド洋でマグニチュード9.1の超巨大地震が発生した。
平均10メートル、最大で34メートルの大津波がインド洋沿岸を襲い死者227,898人をだす大災厄となった。

この「スマトラ島沖地震(インド洋大津波)」により、2,900人の行方不明者を数えたアメリカ合衆国政府は、約3億5000万ドル(約364億円)の援助を約束した。

格言は、震災から12日後となる2005年1月6日、ブッシュ大統領がイリノイ州コリンズビルで行った演説から。

このなかでブッシュ大統領は、米軍の「英雄的な救援活動」を称賛し、自身も個人的に救援活動のために一万ドルを寄付したことを述べて、アメリカ国民にも「財布を開け続ける」ように促した。

演説は《 アメリカには大きな寛大さがある ( “There’s huge generosity here in America.” ) 》と続くが、アフガニスタン進攻、イラク進攻の戦費(約1,300億ドル)とその追加予算(約1,000億ドル)、ブッシュ大統領がパーティなどで集めた個人献金(約10億円)などと比較されることになりその後の批判にも繋がった。

ジョージ・ウォーカー・ブッシュ(George Walker Bush)は、第46代テキサス州知事(1995~2000年)、第43代アメリカ合衆国大統領(2001~2009年)を歴任した合衆国政治家。通称「子ブッシュ」。

1946年7月6日、コネチカット州ニューヘイブンで四人兄弟の長男として生まれる。父親は1989年から1993年まで第41代アメリカ合衆国大統領となったジョージ・H・W・ブッシュ(1924~2018)。実弟はフロリダ州知事のジェブ・ブッシュ。祖父はコネチカット州選出上院議員プレスコット・ブッシュ。ブッシュ家はイギリス王室に連なる家柄で、3世代にわたり、2人の大統領、1人の副大統領、2人の州知事、1人の上院議員、その他多数の銀行家や実業家を輩出した名門一族である。
マサチューセッツ州のフィリップス・アカデミー、イェール大学を経て、ハーバード大学大学院でMBA取得。テキサス州のブッシュ家が経営する石油会社で働き、1994年にテキサス知事選挙で当選。2000年の大統領選挙で共和党候補として大統領に就任した。
任期中となる2001年9月11日、同時多発テロ事件が発生。国連安保理決議で国際社会からの支持を得て「テロとの戦い」を発表。「パトリオット法(米国愛国者法)」を成立させ、アフガニスタン侵攻によりタリバン政権を壊滅させた。
2002年の一般教書演説でイラク・イラン・北朝鮮を名指しで「大量破壊兵器を開発保有するならず者国家(悪の枢軸発言)」として非難し、2003年にイラク(サダム・フセイン政権)を進攻したが、大量破壊兵器の発見はできなかった。
「イラク戦争の正当性」への疑念が広がるなかで、2004年に大統領に再任するが、2005年のハリケーン・カトリーナ災害に際し政府の対応の遅れ、2007年のサブプライムローン問題による世界同時不況への混乱から激しい批判を受け、2001年のテロ事件直後に91%を獲得した支持率は、2008年には19%にまで低下。CIA(米中央情報局)による情報操作が疑われた「プレイム事件」、閣僚の不祥事や原油高による経済への不満もあって政権批判は止むことがなかった。2009年1月20日、任期満了により大統領を退任。
東日本大震災後の2011年4月より日本経済新聞連載「私の履歴書」の執筆を担当し、原稿料の全額を東日本大震災の孤児支援(あしなが育英会)へ寄付している。


■「ブッシュ大統領」に関連する防災格言内の記事
小泉純一郎(政治家)(2008.06.02 防災格言)
ジェームズ・L・ウィット (元アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁(FEMA)長官)(2010.01.11 防災格言)
ジョン・V・ルース(駐日アメリカ合衆国大使(第28代))(2018.04.02 防災格言)
カール・マイダンス(1907~2004 / 写真家 雑誌「Life」のカメラマン)(2018.06.18 防災格言)
ウォルト・ホイットマン (アメリカの詩人 ジャーナリスト)(2007.11.19 防災格言)
マーティン・デューク (アメリカの地震工学者 カリフォルニア大学教授)(2008.7.14 防災格言)
アーノルド・グラソー (アメリカの作家 ユーモア雑誌編集者)(2009.6.8 防災格言)
アン・タイラー(アメリカの人気小説家 ピュリッツァー賞(1988年))(2018.05.28 防災格言)
バニー・カー (アメリカのプレッパー)(2015.04.06 防災格言)
ロバート・キヨサキ (米国の投資家)(2012.10.08 防災格言)
バラス・フレデリック・スキナー (米国の心理学者・行動分析学)(2016.02.29 防災格言)
ハリー・ハリス提督 (アメリカ太平洋軍司令官)(2017.11.06 防災格言)
関東大震災時のアメリカ合衆国赤十字社防災標語(2008.05.19 防災格言)
マイケル・ジャクソン (アメリカの歌手 「ポップ界の王」)(2012.07.02 防災格言)
クリストファー・マッカンドレス(アメリカの旅人 享年24歳)(2014.12.15 防災格言)
ケリー・シー (アメリカの地震学者)(2015.02.02 防災格言)
アルフレッド・W・クロスビー(アメリカの歴史学者)(2014.07.28 防災格言)
マシュー・ペリー提督 (アメリカ東インド艦隊司令長官)(2013.01.07 防災格言)
常に備えあり(Semper Paratus) アメリカ合衆国沿岸警備隊モットー(2012.12.24 防災格言)
カール・S・シャウプ (GHQ米税制調査団団長 アメリカの経済学者)(2013.01.07 防災格言)
ディズニー・チャンネルのアニメ「なんだかんだワンダー」より(2018.01.29 防災格言)
チャールズ・カスト (元米原子力規制委員会地域センター長)(2017.2.6 防災格言)
アルビン・トフラー(アメリカの作家・未来学者)(2016.7.4 防災格言)
リチャード・ウィルソン(物理学者 ハーバード大学名誉教授)(2015.9.28 防災格言)
スティーブ・ジョブズ(実業家 アップル設立者)(2013.9.16 防災格言)
ロバート・キヨサキ (米国の投資家)(2012.10.08 防災格言)
マイケル・ポーラン (アメリカのジャーナリスト カリフォルニア大学教授)(2012.09.10 防災格言)
ジュリー・ガーバーディング(アメリカ疾病対策センター(CDC)長官)(2009.04.27 防災格言)
CDC(米国疾病予防管理センター)感染対策ガイドライン(2013.12.30 防災格言)
ジュリー・ホール(アメリカの医者 WHO中国伝染病担当)(2009.02.02 防災格言)
ダニエル・カール (タレント・山形弁研究家)(2008.04.21 防災格言)
ロジャー・デュラム(1962〜 / 国際政治学者 米アクイナス大学教授)(2013.07.01 防災格言)
ジョージ・W・ブッシュ(アメリカ合衆国大統領(第43代))(2018.12.10 防災格言)

 

<防災格言編集主幹 平井 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,危機管理
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ