思則有備(しそくゆうび)思えばすなわち備えあり

防災意識を育てるWEBマガジン

鴨長明が随筆集『方丈記』にしるした格言(随筆家)[今週の防災格言20]

time 2008/03/31

鴨長明が随筆集『方丈記』にしるした格言(随筆家)[今週の防災格言20]


『 恐れの中に恐るべかりけるは、ただ地震なゐなりけりとこそおぼえはべりしか。 』

鴨 長明(1155〜1216 / 平安時代末期の歌人・随筆家)

『方丈記』の中で、元暦2(1185)年に京都を襲ったM7.4の直下型大地震について鴨長明が記したもの。
口語訳「恐ろしいものの中でも、だんとつに恐ろしいのは、やはり地震だと痛感した。」―――方丈記が書かれた時代は、源平合戦の頃、武家社会へと価値観が大きく変わり、天変地異が次々と起こる不安な時代だった。
神官の子として将来を約束された鴨長明は望んでいた地位に就くことなく山里の小さな庵に隠棲し、この世の無常を綴った。
若い頃に京都で体験した大火、辻風、福原遷都、飢饉、地震という五つの災厄を「世の不思議」として描いている。

■「鴨長明」に関連する防災格言内の記事
平家物語 巻十二より(2014.02.10 防災格言)
眠たいは大事のことぞ(平家物語)より(2013.01.16 編集長コラム)
新井白石(2013.05.06 防災格言)
鴨長明「人のいとなみ、皆愚なる中に、さしも危うき京中の家を造るとて、宝を費やし、心を悩ますことは、すぐれてあぢきなくぞ侍る」(2012.05.28 防災格言)
兼好法師「徒然草」(2010.01.04 防災格言)

 

<編集長 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,危機管理,非常食
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ