防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

東海地震と石橋克彦教授

time 2005/02/28

東海地震と石橋克彦教授
東海地震と石橋克彦教授  [編集長コラム]

『 東海地震 』―――まだ起ってないのにも関わらず、世界で一番その名が知られた地震が東海地震です。

この東海地震の名前が初めて世に出るのは、実はかなり最近のことで、それまでは東海地震の「と」の字すらほとんどの人が知りませんでした。

今から29年前の1976年(昭和51年)8月23日に開催された第36回地震予知連絡会に、とってもセンセーショナルな一篇の論文『 駿河湾を震源とするM8クラスの大地震発生の恐れ 』が提出されました。

論文を書いたのは、その当時、東京大学理学部の助手だった石橋克彦氏(現・神戸大学教授)です。

この「東海地震説」が発表されると、またたく間に、駿河湾の地震の切迫性と東海地震と言う名称が世間に知れわたり、その後、東海地震予知と防災体制がささやかれるようにもなって、1978年(昭和53年)には、東海地震説をもとにして、大規模地震対策特別措置法まで公布されるにことになります。

石橋先生は1944年生れ・・・まだお若い!ちょっと驚きヾ(・・;)

■「石橋克彦」先生に関連する防災格言内の記事
 -国会で異例の警告 「大地動乱の時代」(2005.2.23 編集長コラム)
 -東海地震説の謎(2006.3.29 編集長コラム)
 -今週の防災格言<5> 浅田 敏氏(地震予知連会長)(2007.12.17 防災格言)
 -今週の防災格言<174> 茂木清夫氏(地震予知連会長)(2011.3.14 防災格言)

<編集長 拝>

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,危機管理,非常食
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ