防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

早川文代が日経新聞コラム『食語のひととき』に記した格言(食品総合研究所主任研究員)[今週の防災格言182]

time 2011/06/06

早川文代が日経新聞コラム『食語のひととき』に記した格言(食品総合研究所主任研究員)[今週の防災格言182]


『 非常時には、食べ物が大きな力になる。
食べることで人は日常のリズムを刻むことができる。 』

早川文代(1968〜 / 農研機構・食品総合研究所主任研究員 学術博士)

格言は、日経新聞夕刊の連載コラム「食語のひととき」(2008(平成20)年8月30日)より。
早川文代(はやかわ ふみよ)女史は、食品の調理科学、官能評価学を専門とする科学者。
小田原女子短期大学助教授、上海水産大学客員副教授を経て、現在、独立行政法人・農業食品産業技術総合研究機構・食品総合研究所の食品機能研究領域・食品物性ユニット主任研究員としてご活躍。2001年より日経新聞の土曜夕刊にコラム「食語のひととき」を連載。
著書に「食語のひととき(毎日新聞社 2004年)」「食べる日本語(毎日新聞社 2006年)」。

 

<編集長 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,危機管理,非常食
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ