防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

日向野義幸が産経新聞に寄せた格言(元栃木県栃木市長)[今週の防災格言379]

time 2015/03/16

日向野義幸が産経新聞に寄せた格言(元栃木県栃木市長)[今週の防災格言379]


『 計画があっても、もしものときに対応できない。
日ごろからの心構えがないと(地域防災計画の)有効性もない。 』

日向野義幸(1958〜 / 政治家 元栃木県栃木市長 実業家)

格言は産経新聞(2007年12月18日朝刊)「栃木市の全職員が「防災士」資格取得へ」)より。

日向野義幸(ひがの よしゆき)氏は、2003(平成15)年から2010(平成22)年まで栃木市長を務めた人物。自由民主党・栃木県連相談役。栃木市皆川城内町出身。昭和54(1979)年、日本大学短期大学部を卒業。昭和62(1987)年、28歳のとき全国最年少市議(当時)として栃木市議会議員に初当選。以降、1999(平成11)年まで市議会議員を3期務めた。2003(平成15)年、栃木市長選挙で初当選。2007(平成19)年に再選し首長を2期務めた。2010(平成22)年に、旧栃木市に下都賀郡大平町、藤岡町、都賀町の1市3町が合併(現栃木市)。新市発足に伴う市長選挙で敗れ失職した。
市長在任中の2007(平成19)年、災害に強い、安全・安心な地域づくりを目標に掲げ、全職員に民間資格「防災士」の取得を決め、11月に日向野市長以下53人の職員が防災士資格を取得したという。

曰く―――。

《 地域防災力など“目に見えない力”をつけていくことが、安全安心なまちづくりになる。災害を考えるとき、自分のところだけ安全であればいいという考えはどうか。(地震に強いという)地の利を得た栃木市が他市に先駆けて想定される必要な支援活動の協力態勢をつくっていくのは当然で、それが、まちづくりでもある。 》

■「日向野義幸」に関連する防災格言内の主な記事
岡村正吉(1977年有珠山噴火時の北海道虻田郡虻田町長)(2012.07.16 防災格言)
松野 友 (元岐阜県本巣郡穂積町町長)(2015.03.02 防災格言)
田尻稲次郎(スペイン風邪当時の東京市長)(2008.12.22 防災格言)
貝原俊民(兵庫県知事)(2014.11.01 防災格言)
安井誠一郎(初代東京都知事)(2009.08.10 防災格言)
後藤新平(東京都知事)(2010.04.26 防災格言)
鈴木俊一(東京都知事)(2008.10.13 防災格言)
石原慎太郎(東京都知事)(2013.07.22 防災格言)
安河内麻吉(神奈川県知事)(2008.4.28 防災格言)
鳥取県知事 片山善博 (後藤新平賞選考委員)(2014.1.27 防災格言)
宮城県知事 村井嘉浩(2013.10.14 防災格言)
新潟県知事 泉田裕彦(2012.02.20 防災格言)
岩手県知事 石黒英彦(2013.06.10 防災格言)
愛知県知事 桑原幹根(2014.09.15 防災格言)

 

<防災格言編集主幹 平井 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,危機管理
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ